PR

ニュース 経済

~地域における“投資型医療”の強化に向けて~ 健康管理プラットフォーム「Fit with AI Trainer」を活用した運動効果に関する実証実験を福島県いわき市にて開始

Messenger

 株式会社HealtheeOne
モバイルとアナログで地域医療を支援するサービスを開発・提供するスタートアップ、株式会社HealtheeOne(以下「HealtheeOne」)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下「ソニーネットワーク」)が展開する健康管理プラットフォーム「Fit with AI Trainer(以下、FAIT)」を活用し、福島県いわき市にて運動効果に関する実証実験を開始いたします。
※「FAIT」は、AI(人工知能)技術とウェアラブル端末を活用することで、日常の食事・睡眠・歩数などのデータ収集と解析ができる健康管理プラットフォームサービスです。

 [画像: https://prtimes.jp/i/22292/17/resize/d22292-17-164616-0.jpg ]

 現在日本の地域医療においては、医師不足が深刻な社会問題となっています。また、超高齢化社会を迎えるにあたり、加齢により食べる量が減少し、それに伴い低栄養となり、筋力・活動量が低下することで、生活機能障害・要介護状態・死亡などの危険性が高くなった状態の高齢者の割合が増加していくことが予想されています。このような社会問題に対し、医師不足が顕著な地方医療は、業務効率化・生産性の向上のみならず、病を未然に防ぐ予防を中心とした「投資型医療」が重要と考えます。

 こうした背景のもと、地域医療の効率化・生産性向上に取り組むHealtheeOneは、ソニーネットワークが展開する「FAIT」を活用し、地域医療に積極的に取り組む福島県いわき市で、高齢者を中心とした市民に対し、運動効果に関する実証実験を開始いたします。

 本実証実験では、どのような生活習慣と運動が健康改善に効果があるのかを次の手順にて調査いたします。

 実証実験フロー
<STEP1>
いわき市民を対象に、「FAIT」のウェアラブル端末を配布します。ウェアラブル端末の配布場所はいわき市内にある「いごくBOX」(1)で、対象者には「FAIT」が提供する体力測定を実施いたします。今後はいわき市が事業を実施している「オレンジカフェ以和貴(いわき)」(2)などでの測定も検討しています。
(1)「いごくBOX」は、有限会社ネットワーク調剤・オレンジ薬局(福島県いわき市)が運営する地域交流拠点です。交流、栄養、運動、健康、学び、遊びなどを、自由な発想で世代に関係なく地域の人達が地域の人達のために足を運べる活動的な居場所作りを目指しています。
(2) いわき市では認知症カフェ事業「オレンジカフェ以和貴」を実施しています。認知症の方とその家族が、認知症によって生じた生活の変化・混乱、漠然とした不安感等を、同じ立場の方と共有・共感することで解消を図るほか、専門職による相談や、認知症の正しい理解の普及啓発と地域の方の交流の場として位置づけています。詳細は以下をご覧ください。http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454293773647/index.htmlhttp://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454293773647/index.html

 <STEP2>
ウェアラブル端末を配布した参加者には、通常通りの生活や運動を行ってもらい、月に一度、得られたデータを収集し、長期的なデータを記録します。

 <STEP3>
HealtheeOne・ソニーネットワークが、参加者一人ひとりのデータを比較・分析します。

 本実験結果から、どのような生活習慣が健康に効果的かを導き出し、病を未然に防ぐ“予防”に関する、より効果的な取り組み等を提案していくことで、地域医療の向上を目指して参ります。

 実証実験内容
(1)第1回 実証実験期間:2018年9月7日(金)から2019年2月28日(木)
(2)対象者:福島県いわき市内在住の方(最大500名) ※年齢は問いません
(3)取得するデータ:基礎情報(年齢・体重・性別・血圧・身長)/日常データ(歩数・食事回数・睡眠時間)/体力測定データ(FAIT測定から得られるデータ)/自宅で運動を行った回数

 株式会社HealtheeOneについて (https://www.HealtheeOne.com/
 株式会社HealtheeOneは、医療従事者の皆さんが患者やその家族に寄り添う時間を少しでも多くするために、「モバイル」と「アナログ」を活用して「医療現場の作業負担低減」を提供しています。2017年5月には一般診療所(クリニック)向けのレセプト業務アウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」と手作業による紙カルテの電子化サービス「HealtheeOneスキャン」を開始しました。

 当社が提供するサービスの利点を活かすことの結果として「医療を受ける患者のQoL向上」や「その家族の満足度向上」の実現に取り組んでおります。また、福島県いわき市発のDigital Health Techスタートアップとして国内外に向けてプロダクト提供を展開することによって、福島県浜通り地域の産業創出に寄与することを目指すとともに、民間企業の立場から地域医療の課題解決に取り組んでいます。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ