PR

ニュース 経済

国内最大の放送・映像制作機器の展示会「2018年国際放送機器展(Inter BEE 2018)」に出展

Messenger

 キヤノン株式会社
キヤノンは、2018年11月14日(水)から16日(金)まで、幕張メッセで開催される国内最大の放送・映像制作機器の展示会「(第54回)2018年国際放送機器展(以下、Inter BEE 2018)」に出展し、「映像表現に拡がりを、創り手にチカラを。」をテーマに、新製品やキヤノンの最先端技術を紹介します。

 [画像: https://prtimes.jp/i/13980/371/resize/d13980-371-956515-0.jpg ]

 1. 4K/HDR(※1)対応の高画質・高性能な映像制作機器およびソリューションを紹介
映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの最上位機種「EOS C700 FF」(2018年7月発売)、業務用4Kビデオカメラのフラッグシップモデル“XF705”(2018年11月下旬発売)などの入力機器から、業務用ディスプレイ「DP-V2421」(2018年4月発売)などの出力機器まで、映像制作のワークフローを強力にサポートする4K/HDR対応の高画質・高性能な幅広い製品群を体験できます。
また、超高輝度4Kプロジェクター「LX-4K3500Z」(2018年8月発売)による大画面投影、世界最小・最軽量(※2)の4Kプロジェクターの新製品“4K6020Z”(2018年12月中旬発売)による高精細な表現力や高い色再現を紹介します。

 2. 最先端の映像ソリューションを参考展示
ヤマハサウンドシステム株式会社(以下、YSS)と共同出展する特設ルームでは、8Kカメラ1台で撮影した映像を大画面に出力し、YSSのマルチチャンネル音響と合わせることで、まるでその場にいるかのような臨場感を体験できる「映像空間ソリューション」を参考展示します。
また、小型多目的モジュールカメラ「MM-100WS」や、8K/HDRに対応したカメラ、レンズ、ディスプレイなど、キヤノンが開発を進めている最先端の製品・技術を通して、新たな映像表現の可能性を提案します。

 3. 映像制作現場における製品導入事例を紹介するセミナーを開催
映画やテレビ番組、プロモーションビデオなど、さまざまな映像制作現場で活躍するクリエイターやエンジニアが、キヤノン製品を活用した作品制作の舞台裏を語るセミナーを開催します。新製品“XF705”などの魅力や、CINEMA EOS SYSTEMの高い映像品質、映像制作ワークフローの効率化を通じて、どのように作品制作に貢献するかを紹介します。

 ※1 High Dynamic Rangeの略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。
※2 レーザー光源を搭載したネイティブ4K解像度6000lm/5000lmクラスのプロジェクターのサイズ、質量において。サイズは突起物含まず。質量はレンズ含まず。2018年11月8日現在。(キヤノン調べ)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ