PR

ニュース 経済

Q&Aで読む 消費増税時の主な景気対策あの手この手

Messenger

 来年10月の消費税増税まで1年を切り、あわせて実施する景気下支え策の議論が活発化している。平成26年4月に8%に引き上げた際は、景気が大きく冷え込んだ苦い経験があるだけに失敗は許されず、政府は万全を期す構えだが、バラマキ批判も出始めている。これまでに浮上した主な対策をQ&A方式でまとめた。

 Q どんな案が出ているのか

 A ひとつは中小店舗でクレジットカードなどを使ったキャッシュレス決済で買い物をした場合、商品価格(税別)の2%をポイントで還元するというもの。ポイント還元することで、消費が落ち込むのを防ぐとともに、20%前後と海外に比べて遅れているキャッシュレス決済の比率を高める狙いがある。

 Q キャッシュレスに対応できない人もいるのでは

 A キャッシュレス決済の9割を占めるクレジットカードは高齢者や低所得者では審査が通りにくく作ることが難しい。こうした人に恩恵が行き届かない可能性があり、別途、プレミアム付き商品券を発行する見通しだ。2万円で購入した商品券で2万5千円分の商品が購入できるといった案が検討されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ