PR

ニュース 経済

【トラノコのかんたんマネー講座】フィンテック実証実験

Messenger

 新たな「フィンテック」のアイデアが日々生まれていますが、国内で実用化するには、既存の法制度との整合性を確認し、利用者が安全、安心に使える仕組みとしていく必要があります。

 フィンテックを活用したイノベーションに向けたチャレンジを加速させる観点から、金融庁が「FinTech実証実験ハブ」を設置しました。フィンテック企業や金融機関などが実証実験を通じて整理したい論点に対し、実験ごとに金融庁内の担当チームを組織し、継続的な支援を行うとされています。

 これまでの実証実験の例は、金融機関でそれぞれ行われていた顧客の本人確認手続きに対してブロックチェーン技術を活用して共有化できる取り組みや、無人のKIOSK端末の口座開設を実現するために顔認証技術などを採用したカード即時発行サービスなどがあります。

 投資に関しても、新しい形で少額投資の機会を提供するために、買い物で生じたおつりやポケットの中の小銭を、“おつり投入ボックス”に投入し、投資ができる『リアルおつり投資』プロジェクトが、新たな支援案件として採択されています。(トラノテック取締役 藤井亮助)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ