PR

ニュース 経済

中国の対米黒字 米向け輸出受注額は3割減  

1日、北京の人民大会堂で、外国首脳との会談に臨んだ習近平国家主席(左)=ロイター
Messenger

 中国税関総署が8日発表した貿易統計によると、10月の対米貿易黒字は317億ドル(約3兆6千億円)で、前年同月比19・4%増加したものの、単月の黒字額が過去最高を更新した今年9月と比べると6・8%減少した。中国の対米輸出をめぐっては10月、米国が7~9月に発動した年計2500億ドル(約28兆円)相当の中国製品に対する追加関税の影響が本格化し始めると予想されていたが、ふたを開けてみると数字は意外とも言える堅調さをみせた。ただ今後、米中間選挙を終えたトランプ米政権がさらなる制裁措置に踏み切れば、駆け込み取引の反動が一気に噴出する恐れも高まっており、中国側は今月末の首脳会談に向けて貿易摩擦の停戦に道筋をつけたい考えだ。

 トランプ米政権は9月に10%の追加関税を課した約2000億ドル相当の中国製品について、来年1月1日には税率を25%に引き上げる方針だ。さらに2670億ドル相当の製品に対する追加関税措置もちらつかせており、関税発動前の駆け込み取引による対米輸出ラッシュは年内まで続くとみられている。

 また、通貨・人民元の対米ドル相場の下落も、追加関税発動による輸出コスト増分の一部を吸収している。製造業が集中する広東省の1~9月の経済成長率は6・9%と全国の成長率6・7%を上回り、依然として好調さをみせている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ