PR

ニュース 経済

マツダの丸本明社長 「得意のエンジン技術で勝負」

Messenger

 --エンジンの特徴は

 「排気量2リットルにもかかわらず2・5リットル並みの駆動力を発揮しながら、燃費性能は現行車より最大で約3割高めた。需要の変動に柔軟に対応できる生産体制を生かして拡販したい」

 --世界販売の約2割を占める米国は命運を握る。市場攻略に向けた課題は

 「利益率が低かった米国事業を反転攻勢させる環境が整ってきた。内外装を刷新しブランドの発信力を高めることを表明した現地販売店は200店を超えた。2021年までに300店に増やしたい。顧客から適切な対価を払ってもらえるよう、販売店のスタッフ教育やマーケティングも資金面で奨励していく」

 --車の所有にこだわらない消費者が増える中、月額制で車を貸し出すサービスなど新たな事業を育てる動きが広がっている

 「トヨタ自動車が危機感とスピード感を持って新たな移動サービスに着手しているが、マツダの時間軸でみると最優先課題ではない。まずは商品と販売面のベースを底上げしたい」

     (臼井慎太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ