PR

ニュース 経済

新「MacBook Air」を検証して分かった“8年ぶり刷新”の成果

Messenger

 「やっと投入されたのか」--仕事道具として「MacBook Air」を使ってきたユーザーの中には、そういう感想を漏らした人も少なくないだろう。発表会で米Appleのティム・クックCEOは「最も愛されてきたMac」という表現をしたが、それもそのはずだ。

新しい「MacBook Air」
新しい「MacBook Air」

 製品の基本コンセプトでいえば10年以上、大幅なコストダウンを図る機構設計の刷新が行われた2010年のアップデートから数えると8年以上、最後に機種ID(Appleが付与する製品設計のバージョン番号)が更新されたのは2015年のことで、2017年に内蔵するプロセッサのクロック周波数のみ引き上げられただけで2018年後半を迎えていた。

 MacBook Airが、学生や個人で仕事をする人たちに好まれた理由は明快。生産性を高めた2010年のアップデート後、開発費の償却も進んで極めてコストパフォーマンスがよい製品となったからだ。当時は11.6型モデルもあり、10万円を大きく切る価格(税込8万8800円)からMacBook Airが入手できた。

 同じ外観、設計のまま、8年もベストセラーであり続けたパソコンは、恐らくこの製品ぐらいだろう。薄くすることで可搬性を高めたMacBook Airの設計は、その後、Intelが定義した「Ultrabook」というWindowsノートPCのジャンルを生み出した(それまでも主に日本メーカーが独自に作り込んだ薄型軽量ノートPCは多数存在したが、Ultrabook以降はメーカーを問わず低価格な薄型軽量ノートPCが当たり前になっていった)。

 また、内蔵するインタフェース類が旧式のままであったことは、むしろ扱いやすいという側面も与えていた。

 他のMacBookシリーズがUSB Type-C(USB-C)、その後、Thunderbolt 3へと充電を含む端子を集約させる方向へと向かう中、SDXCメモリーカードスロットを内蔵し、USB Type-Aを2ポート備えるMacBook Airは、MacBookの主流からはどんどん外れていったが、周辺環境のインタフェース移行はそう急速には進まない。世の中の動き全体からすると、「心地よい」環境だったといえる。

 あるいは、キーストロークが短い新設計のバタフライ構造キーボードではないことも、古くからのユーザーには慣れ親しんだ環境だった。

 しかしこの度、さまざまな要素が出そろったところで、MacBook Airは、Appleが近年「MacBook Pro」に対して施してきた要素を盛り込み、最新のApple製品と「同世代」に肩を並べるようになったわけだ。

 先に結論を書いておくが、多くの人が心配しているだろうプロセッサのパフォーマンスに関しては、動画編集や3Dを駆使したゲームを快適に遊びたいといったニーズがなければ、さほど気にすることはない。体感的な速度は人それぞれだろうが、読み出しが高速なSSDの助けや、意外に高速だったプロセッサ性能もあって基本的な応答性はよいと感じた。

 なお、新モデルでの更新は多岐にわたっており、従来のMacBook Airを好むユーザー向けに、廉価な価格設定(税別9万8800円から)のまま、旧モデルも併売される。

廉価な価格設定のまま、MacBook Airの旧モデルも併売される。写真右は、筆者所有の旧モデル(2010年のCore 2 Duo搭載モデル)
廉価な価格設定のまま、MacBook Airの旧モデルも併売される。写真右は、筆者所有の旧モデル(2010年のCore 2 Duo搭載モデル)

 新しいMacBook Airを的確に捉えるための視点2つ

 今回筆者が試用したMacBook Airは、ベースラインとなる8GBのメインメモリ、128GBのSSDを搭載したモデルで、色はゴールド。Appleのゴールドは世代ごとに色味が変化しているが、今回のMacBook Airは「Apple Watch」のアルミニウムケース版と同系統と思われる、やや赤味が強いものだ。

 なお、新しいMacBook Airに採用されるプロセッサは1種類のみなので、処理能力などについてはどのモデルを選んでも変わらない。カスタムオーダーでメインメモリを16GB、SSDを最大1.5TBに増量できることを除けば、カスタマイズの選択肢もほとんどない。

 「ではその性能とは?」ということで、プロセッサの能力に注目が集まるところだが、その前にMacBook Airが全体のラインアップの中で、どのような位置付けなのかを、2つの視点で整理しておきたい。

 意外にも近い、13.3型MacBook Proとの距離感

 1つ目の視点は、画面サイズが同じ13.3型MacBook Proとの違いだ。

 まずはサイズ感と重さ。実物を見れば分かるが、幅と奥行きのサイズは0.1mm単位で13.3型MacBook Proと同じ、304.1×212.4mmだ。画面サイズも同じで画素数(2560×1600ピクセル、227ppi)も同じ。発表会では周囲に比較するものがなかったが、実物を手にして机の上に置いて使い始めてみると、まるでMacBook Proのように錯覚を覚えるほどだ。

304.1(幅)×212.4(奥行き)mmのサイズは、0.01mm単位で13.3型MacBook Proとぴったり同じだ
304.1(幅)×212.4(奥行き)mmのサイズは、0.01mm単位で13.3型MacBook Proとぴったり同じだ

 キーボードをたたき始めると、全く同じコンポーネントながら、異なる押下音と微かなタッチの違いは感じるが、これは筐体の違いからくるものだろう。どちらがよい、悪いという話ではない。ほぼ同じと考えていい。

 ただし、トラックパッドは少しだけMacBook Airの方が、横幅が短い。実際に持ち替えて使っても気にならない程度の差ではあるが、恐らくバッテリーを収める場所を確保するためだろう。左右およそ10mmずつほどだと思うが(手元にMacBook Proがないため正確な数字は分からない)違いがある。

キーボードの使用感は、13.3型MacBook Proとほぼ同じ。トラックパッドは少しだけMacBook Airの方が、横幅が短い
キーボードの使用感は、13.3型MacBook Proとほぼ同じ。トラックパッドは少しだけMacBook Airの方が、横幅が短い

 MacBook Airのアイデンティティーともいえるパームレストにかけてスラントした本体形状がこうした違いをもたらしているが、中身の構造、レイアウトはとてもよく似ている。ただし、搭載するプロセッサの熱設計の枠が大きく異なるため、エアフローは変えられている。

 MacBook Proにはある筐体底面横の大きなスリットがなく、まわりをぐるりと眺めていても、そこに吸気口と思しき場所は見つからない。使用していても、高負荷をかけなければファンが動くことはなく、まるでファンレス機のような錯覚を受ける。

 高負荷時に、ヒンジ部の裏に隠れている開口部の温度を計測したところ、左右で4度の違いがあり、画面に向かって左の方が高かった(室温25度で計測)。主な熱源(プロセッサ)は中央にあり、キーボード奥の中央が熱くなるのは両者とも同じだ。キーボードの操作への影響は軽微なので、熱が使用感を損ねる心配はしなくていいだろう(詳しくは後述)。

 15%薄くなったとされる厚みだが、比較対象はあくまで旧型MacBook Airだ。旧モデルは厚さ3~17mmのくさび形状だったが、新モデルは厚さ4.1~15.6mm。筐体の幅は約21mm、奥行きは約15mm短くなっているため、ボリューム感もかなり減っている。

 ただし、13.3型MacBook Proは厚さ14.9mmと、実は新しいMacBook Airの最厚部よりも薄い。MacBook Proの筐体はくさび形ではないため、全体のボリューム感はMacBook Airの方がコンパクトに感じるが、意外にもMacBook Proは小さいのだ。

 新しいMacBook Airの重さは約1.25kg。内蔵バッテリーの違い(MacBook Airが50.3Wh、MacBook Proが58Wh)や冷却機構が複雑なこともあって、13.3型MacBook Proの方が120gほど重いが、冷静にこの2台を使い比べてみると、キーボードを含めて極めて近い製品だとあらためて感じている。

 体験の質は「画面サイズの大きいMacBook」

 次は2つ目の視点だ。新しいMacBook Airは、そのデザインやくさび形の形状、ディスプレイの質や冷却のための通風口がほとんど見つからないクリーンな外観など、使い続けていると「画面の大きい12型MacBook」というフィーリングに変わる。

 キーボードに関しては、12型MacBookが第3世代のバタフライ構造へと更新されていないため、キータッチが明らかに異なる(MacBook Airの方が底突きがソフトで押下音も少し小さい)が、搭載する液晶ディスプレイの質はMacBookそのもの。ほぼ同じ解像度(画素密度で1ppiしか違いがない)、表示品質だ。

13.3型の液晶ディスプレイは解像度が2560×1600ピクセル(227ppi)。12型MacBookは2304×1440ピクセル(226ppi)だ。画素密度、発色、輝度といった表示品質はほぼ同じだ
13.3型の液晶ディスプレイは解像度が2560×1600ピクセル(227ppi)。12型MacBookは2304×1440ピクセル(226ppi)だ。画素密度、発色、輝度といった表示品質はほぼ同じだ

 一方、MacBook Proに搭載されているディスプレイとの差は小さくない。MacBook、MacBook Airの2つと、MacBook Proのディスプレイには、大きく分けて3つの違いがある。

 まずは「True Tone」への対応。環境光センサーで設置場所の色温度を読み取った上で、周囲と馴染む色温度に画面表示を合わせるTrue Toneは、MacBook Proだけのものだ。iPhoneやiPadに慣れているならば、ノートパソコンでも同様の環境を手に入れたいと思うかもしれない。筆者自身、MacBook Proの最新モデルを使った際に「これはいい」と感心した部分である。

 次は色再現範囲。MacBook Proはデジタルシネマ規格のP3をデジタル機器向けに転用した「Display P3」に対応しているが、MacBookとMacBook AirはsRGB対応のディスプレイだ(なおインストールされているカラープロファイルを見る限り、色再現域はsRGBよりも広く100%以上をカバーしていると推察される)。

 現在のApple製品、例えばiPhoneはディスプレイはもちろん、内蔵カメラもDisplay P3に対応しているため、iPhoneで撮影した写真の色を最大限に生かせる他、より広い色域を扱える4K映像作品の再生時にも有用だろう。もちろん本格的な写真編集を行う上でも役立つ。

 もっとも、一般的なモバイルパソコンを見回してみると、その多くはsRGBさえ満足に再現できていないものも多い。これはコスト面での選択もあるが、電力消費を抑えるために、あえてカラーフィルターを薄くしている場合もあるからだ。

 新しいMacBook Airは従来比で48%の色再現域拡大を実現しているというが、これも以前のMacBook Airの色再現域が狭かったから。そうした観点からいえば、カメラのJPEG記録時の絵作りや、大多数のWebコンテンツを含め、sRGBはいまだに業界標準であり続けている。

 従って、色再現範囲を広げることによる消費電力増加といったトレードオフも考えるならば、リーズナブルな設定ではないだろうか。

 最後に最大輝度もMacBook Proの方が高い。MacBook Proが500nitsに対して、MacBook Airの最大輝度は300nits。ただし、こちらも300nitsだから不足しているという話ではないことに注意したい。両者の違いが生きてくるのは、恐らくHDR(High Dynamic Range)映像の確認や、屋外の明るい場所における視認性といった部分での違いだろう。

 300nitsという数字は、モバイルパソコンとしてはかなり高いものだ。HDRで製作された映像作品を楽しんだり、HDR映像の階調を確認したりといった場合にはMacBook Proの方がベターだが、一般的な用途では300nitsで不足はない。HDRの映像制作用モニターとして使う場合は1000nitsが必要なため、いずれにしろ外部ディスプレイを利用する。

MacBook Airと13.3型MacBook Proのディスプレイ仕様比較(Appleの公式サイトより)
MacBook Airと13.3型MacBook Proのディスプレイ仕様比較(Appleの公式サイトより)

 プロフェッショナル向けに性能を最適化したディスプレイがMacBook Proには搭載されているため、MacBookファミリー全体のラインアップでは見劣りするように感じるかもしれないが、新しいMacBook Airには一般的なノートパソコン用として最高レベルの品質を持つ、よく調整されたディスプレイが搭載されているということだ。

 液晶ディスプレイはノートパソコンの中でも、消費電力に最も大きな影響を与えるコンポーネントである。MacBook Airはここを「必要十分」の仕様にしていることが、結果的に50.3Whのバッテリーで公称約12時間(58Whバッテリー内蔵のMacBook Proに比べ20%長持ち)という結果をもたらしていることは忘れてはならないポイントだろう。

 MacBook Airという製品のバランス感覚

 さて、こうした2つの視点から位置付けを確認した上で考えるMacBook Airの価格設定(税別13万4800円から)は、継続販売される旧モデルを除くMacBookファミリー全体の中からすると、なかなかリーズナブルではあるが、一方で悩ましい部分もある。

 例えば、12型MacBookは画面サイズだけでなく機能面でも最新世代ではないが、1.3GHzのCore i5、512GBのSSDを搭載したモデルからメモリを16GBに増やすと、19万7800円(税別、以下同)となる。しかも、12型MacBookのプロセッサは第7世代Intel Coreだ。一方、新しいMacBook Airを16GBメモリ、512GB SSDにすると20万800円になり、3000円の追加で購入できる。MacBook Airのプロセッサは第8世代Intel Coreだ。

 よほど1kgを切る軽量ボディーにこだわりがない限り、MacBook Airを選択することに論をまたない。パフォーマンス、拡張性(12型MacBookは速度が半分のUSB-Cを1ポートしか持たない)、画面の広さ、内蔵スピーカー、「Apple T2」チップ非搭載(HEVCエンコードアクセラレータやストレージ暗号化、セキュアブート、Touch IDへの対応に関連する)などの差分を考えれば、この対比で悩む人はいないだろう。

新しいMacBook Airは、左側面にThunderbolt 3(USB-C)を2ポート搭載。充電、DisplayPort、Thunderbolt(最大40Gbps)、USB Type-C 3.1 Gen 2(最大10Gbps)の機能を集約している
新しいMacBook Airは、左側面にThunderbolt 3(USB-C)を2ポート搭載。充電、DisplayPort、Thunderbolt(最大40Gbps)、USB Type-C 3.1 Gen 2(最大10Gbps)の機能を集約している
右側面の奥にはヘッドフォン端子を搭載
右側面の奥にはヘッドフォン端子を搭載

 一方で悩ましいのは、13.3型MacBook Pro(Touch Barモデル)が、メモリとSSDを同様の構成にすると24万2800円から購入できることだ。余裕のあるメモリ容量とSSD容量で使いたいのであれば、MacBook Proの方が断然、お得感が出てくる。

 13.3型MacBook Pro(Touch Barモデル)は、2.3GHzクアッドコアのCore i5に加えて、内蔵GPUにIntel Iris Plus Graphics 655を採用。ベンチマークテストのGeekbench 4.0でGPU演算性能テスト(OpenCLでのテスト)を実行すると、46609のスコアだ。内蔵GPUにIntel UHD Graphics 617を採用したMacBook Airのスコアは19786にとどまる。

 さらにSSDのパフォーマンスでいうと、13.3型MacBook Pro(Touch Barモデル)はMacBook Airの読み出し速度で約2倍、書き込み速度で4倍程度のアドバンテージを持つ。なお、念のため付け加えておくと、これは2018年モデルのMacBook Proが異様に高速というだけで、MacBook AirのSSDが遅いわけではない。

 Blackmagic DesignのDisk Speed Testによるストレステストの結果を掲載するが、書き込み速度は毎秒約500MBと凡庸ではあるものの、読み出し速度は毎秒1.8GBを超えていた(余談だが手元にある2015年モデルの12型MacBookは書き込み毎秒約50MB、読み出し毎秒約400MBだ)。

Blackmagic DesignのDisk Speed Test結果
Blackmagic DesignのDisk Speed Test結果

 しかし、MacBook Airはそうした評価軸とは別のバランス感覚で企画されている製品だと思う。テスト中、連続で高画素(フルサイズミラーレス「EOS R」で撮影)のRAW現像を行ってみたり、「iMovie」での動画書き出しを行ってみたりといった重い処理をしたが、一貫して快適性が保たれ、発熱や冷却ファンの音に悩まされることはなかった。

 このようなパフォーマンスと価格の関係、それにディスプレイの質なども合わせて考えるならば、軽量でカラーバリエーションが広く、スタイリッシュで価格も安いMacBook Airは魅力的だ。一方でメモリが16GB、SSDが512GB以上といったハイスペック寄りになると、MacBook Proが気になってくる。上記構成の場合、その差は4万2000円。この差を大きいと感じるか、小さいと感じるかは人それぞれだろう。

 学生が初めて手にする道具として、あるいはビジネスパーソンが自分のための道具として買いそろえるならば、MacBook Airの方が価格面も含めてバランスのよい選択肢となるだろう。

 また今回、久々に128GBのSSDという最小容量のノートパソコンを試用したが、現在のmacOSは「iCloud」と連携し、文書や写真をとても賢く管理してくれる。普段の使用環境をそのまま移すことはできなかったが、アプリとシステムの設定をバックアップから復元し、Apple IDを入力すると残容量を勘案しながらOS側が適切にiCloud Driveにある写真や文書、デスクトップ上のアイテムを含めて文書の実態とリンクを配置してくれたため、あっという間に日常的な操作環境を再現できた。

筆者の環境で「iCloud」との同期が進んだ結果。もともと512GBのSSDで運用していた環境を移したというのに、クラウド連携により128GBでも使いものになるとは……
筆者の環境で「iCloud」との同期が進んだ結果。もともと512GBのSSDで運用していた環境を移したというのに、クラウド連携により128GBでも使いものになるとは……

 もちろん、容量が大きいに越したことはないが、クラウドストレージサービスとの連携でSSD容量を節約したり、音楽サービスがダウンロードではなくストリーミングに移行したりしている背景も考えれば、128GBモデルも悪くない選択肢だ。

 さて、ここまで読み進めてきて、それでもやはり最終的にプロセッサのパフォーマンスが気になるという読者は少なくないと思う。ということで、最後に少々マニアックではあるが、パフォーマンステストの結果に関する考察を付け加えておきたい。

 意外にも良好な「シングルコア」の性能

 「新しいMacBook Airはプロセッサのパフォーマンスが心配」という声は、最新の第8世代Core i5搭載とはいえ、それが「Yシリーズ」といわれる最も低消費電力なプロセッサカテゴリーに属するものだからだろう。

 従来のMacBook Airは、一貫して熱設計電力(TDP)が15W枠の「Uシリーズ」に属するCore iプロセッサを搭載してきた。これはYシリーズに比べて、発熱や消費電力の面で不利だが、その分パフォーマンスが有利だ。

 一方、今回のMacBook Airが搭載する第8世代Core i5(Amber Lake Y、デュアルコア)は、TDPが7Wという他に例のない仕様だ。YシリーズのTDPは通常5Wだが、それより少しだけ高い。それでもUシリーズの15Wに比べて半分以下だが、これはどういった意味を持つのだろうか。

 ご存じの通り、Intelのプロセッサには「Turbo Boost」という機能がある。プロセッサの動作限界値を超えない範囲で、高負荷時に自動で動作クロック周波数を高める技術だ。MacBook Airが採用する第8世代Core i5-8210Yの場合、定格の動作周波数は1.6GHzだが、Turbo Boost時は最高で3.6GHzまで加速する。

 どのぐらいこの機能を使えるかは、搭載したパソコンの冷却システムとも強い関連性があるが、ベンチマークテストのGeekbench 4.0を実行した結果、MacBook Airのシングルコアスコアは4091だった。薄型ノートパソコンとしてはなかなか良好なスコアだ。

Geekbench 4.0のテスト結果。新しいMacBook(右)は、シングルコアのスコアが4091だ。左に並べたスコアは旧モデル
Geekbench 4.0のテスト結果。新しいMacBook(右)は、シングルコアのスコアが4091だ。左に並べたスコアは旧モデル

 例えば、Uシリーズに属する第8世代Core i7-8650U(Kaby Lake R、クアッドコア、動作クロック2.1GHz、TurboBoost時4.2GHz)を搭載したMicrosoftの「Surface Laptop 2」で同じGeekbench 4.0を実行すると、シングルコアのスコアは4078と出てくる。

 両プロセッサが搭載するコアはクロック周波数以外、ほとんど同じであるため、実稼働時のクロック周波数に違いが出ているのだろう。細かくベンチマークテストの結果を見ていくと、最初の2つのテストはSurface Laptop 2の方が高速だが、それ以降はMacBook Airが逆転することも多くなり、トータルでほぼ同等となった。

 なお、搭載するコア数に2個と4個という違いがあるため、マルチコアのスコアは当然ながらSurface Laptop 2が圧勝となる。内蔵GPUの実行ユニット数なども違うため、MacBook Airの方が総合性能で上回ることはない。上記はあくまでシングルコアでのスコア比較だ。

 では、実際の利用シーンでのパフォーマンスはどうなのか。試しに「Canon Digital Photo Professional」でEOS Rで撮影したRAWファイルを10枚連続で現像する処理を行ってみたが、MacBook Airは約10分30秒、Surface Laptop 2は5分40秒で処理を終えた。

 マルチコアが生きるシーンでの不利はある。しかし、こうしたシングルコアでの意外な成績のよさは、搭載プロセッサと本体の熱設計の関係をみたとき、かなり余裕を持った作りにすることで、Turbo Boostの稼働率を上げているのかもしれない。

 すなわち、マルチコアでの処理能力が生きてくる写真のRAW現像、動画編集、音楽制作などメディア制作ツール一般では歯が立たない一方で、一般的なJPEGの写真や音楽データの管理、Webへのアクセスやメールなどコミュニケーションツール、オフィス向けツールなどを使っている分には不足がないともいえる。

 熱設計枠で半分以下の省電力性がもたらす快適性(通常時はほぼファンが動かない)、バッテリー駆動時間の長さ(公称で最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧、最大13時間のiTunesムービー再生)を評価すれば、あえてTDPが15WのUシリーズではなく7WのYシリーズを採用したAppleの意図も見えてくるだろう。

 なお、室温25度の環境で動作中の温度も計測してみた。ボディーの最も熱くなる中央奥は、作業中に最大で41度ぐらいまで上昇した。画面に向かって左のヒンジ脇、見えにくい場所に吸気口があり、そこは39度。右側のヒンジ脇は排気口のようで34度ぐらいだった。キーボードは上端の中央が38度、ホームポジションが37度、トラックパッドは32度と低温だ。

動作中の温度を継続。手が触れるキーボードは低温に保たれていた
動作中の温度を継続。手が触れるキーボードは低温に保たれていた

 前述したEOS RのRAWファイル現像テスト時にも温度を計測したが、熱源に近い部分が45度まで上昇したものの、それ以上にはならなかった。こうした高負荷時はフルに冷却ファンが動作するため、左右のヒンジ部はいずれも37度程度で安定する。キーボードなどの操作に関連する部分の温度はほとんど変わらず、快適なままだった。

高負荷のRAWファイル現像テストでは、熱源に近い部分が45度まで上昇したが、それ以上にはならなかった
高負荷のRAWファイル現像テストでは、熱源に近い部分が45度まで上昇したが、それ以上にはならなかった

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ