PR

ニュース 経済

川崎重工、鉄道車両「撤退も」 165億円損失、上期赤字に

決算会見で説明する川崎重工業の金花芳則社長=30日午後、東京都港区
Messenger

 川崎重工業の金花芳則社長は30日、鉄道車両事業の採算性向上を図る社内委員会の設置を発表し、「自助努力で難しければ、他社との協業や撤退も検討する」と表明した。同日発表した平成30年9月中間連結決算では、米国案件などで受注時の想定を上回る資材費増加や設計変更が相次いだため、同事業で計165億円の損失を計上。最終損益が35億円の赤字(前年同期は108億円の黒字)に転落した。

 金花氏は「国内市場も縮小傾向だ。投下資本利益率8%の達成を判断基準とし、年度内に結論を出したい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ