PR

ニュース 経済

日中、知的財産や先端技術で新対話 国際ルールに引き込む狙い

Messenger

 対話の設置は中国側が働きかけた。中国は日本と先端技術で連携することで競争力を強化するとともに、貿易摩擦が激化する米国を牽制(けんせい)する思惑とみられる。

 日本は技術移転の強要や海賊版の横行といった中国の不公正な貿易慣行を問題視しており、「対話を通じて中国に是正を求めることを米国にも伝える」(政府関係者)方針だ。ただ、トランプ米政権はハイテク産業育成策「中国製造2025」を掲げ先端分野での勃興を狙う中国に強い警戒感を抱いており、日本は米中のはざまで両国との距離感に苦慮している。(大柳聡庸)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ