PR

ニュース 経済

消費税対策のキャッシュレスポイント還元 金融業界は歓迎

政府は消費税率引き上げに合わせ、キャッシュレス決済をした消費者にポイント還元する景気対策を検討している
Messenger

 来年10月の消費税率引き上げに伴う経済対策として、政府が検討している中小小売店でクレジットカードなどで決済した消費者への2%分のポイント還元策-。金融業界は現金を使わないキャッシュレス決済の推進に弾みがつくと歓迎するが、カードを持たない高齢者らへの対応など課題も指摘される。業界としての今後の取り組みが、焦点になる。(万福博之)

 「多くのキャッシュレス手段に対応できる仕組みになるのが望ましい」。全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は18日の会見で、ポイント還元策への期待を語った。

 ただ、還元を受けるには、クレジットカードやスマートフォンを持っていることが前提で、高齢者や低所得者は恩恵を受けにくい。小売店も、決済ごとにカード会社などに支払う手数料といった新たな負担が生じる。

 こうしたことを踏まえ、藤原会長は「税の公平性なども含めて非常に難しい話でもあり、積極的に意見発信したい」と、金融業界として対策を検討する考えを示した。

 ポイント還元策は、中小の小売店でクレジットカードやQRコードなどで買い物をした際、増税分と同じ2%のポイントを付与し、次回以降の買い物に使えるようにする仕組み。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ