PR

ニュース 経済

野生イノシシ感染26頭に 岐阜の豚コレラ

 岐阜県は14日、豚コレラが発生した岐阜市の養豚場から10キロ圏内の同県各務原市と岐阜市の山中で、捕獲した5頭の野生イノシシが豚コレラに感染していたと発表した。感染を確認したイノシシは計26頭となった。

 県によると、養豚場から約7・5キロと約8・4キロの各務原市でそれぞれ1頭と親子3頭を、残り1頭は約8・8キロ離れた岐阜市で発見した。いずれも県の遺伝子検査で陽性だった。県の調査捕獲や、駆除のため設置したわなで捕らえた。

 感染したイノシシは、12日に養豚場から10キロ圏外で初めて発見。26頭のうち16頭が岐阜市内、10頭は各務原市内だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ