PR

ニュース 経済

九電、太陽光発電を一時停止へ 大規模停電を未然防止

三井物産がソフトバンクグループのSBエナジーと共同運営する熊本県荒尾市の大規模太陽光発電所(メガソーラー)。
Messenger

 九州電力は11日、太陽光発電や風力発電の再生可能エネルギーの発電事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」を13、14両日に九州地方で実施する可能性があると発表した。離島での実施例はあるが、本格的なものは全国初。日照条件が良い九州では太陽光の導入が急速に進むが、秋は冷房使用が減るなど電力需要は比較的少ない。再生エネの出力制御により、電力の供給力が需要を大幅に上回る場合に起きかねない大規模停電を未然に防ぐ。

 九電によると、13、14両日に九州は好天が予想され太陽光の出力増加が見込まれる。一方、週末のため電力を使う企業活動は乏しくなる。九州で出力制御の対象となる発電事業者は全体で約2万4千件、430万キロワット程度だが、この一部が今回の対象となる。家庭用の太陽光など10キロワット未満はこの秋は対象外とする。

 実際に行われる場合は、前日の段階で九電が対象となる発電事業者に出力制御の指令を出す。その際、規模や対象者の件数といった指令の内容を公表する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ