PR

ニュース 経済

イオンとフジテレビ 子供向け番組を制作し知的財産を共同管理 アジア展開も

コンテンツ事業の提携を発表し、握手するイオンの岡崎双一執行役(右)とフジテレビジョンの宮内正喜社長=10日、東京都中央区(平尾孝撮影)
Messenger

 イオンとフジテレビジョンは10日、コンテンツ事業で提携すると発表した。子供向けのテレビ番組を制作し、映像コンテンツや番組で生み出したキャラクターなどの知的財産を両社で共同で管理しながら、事業化を進める。国内だけでなく、アジア各国でも展開する方針だ。

 提携の第1弾は、13日にフジテレビで放送を開始する情操教育番組「じゃじゃじゃじゃ~ン!」。1990年代に人気を集めた同局の子供向け番組「ウゴウゴ・ルーガ」のノウハウを活用する。イオンは、番組で登場するキャラクターなどの商品化やイベントでの利用を想定している。

 さらに、こうした国内で生み出した知財を使い、カンボジアのイオンモール内にスタジオを持つ同国の民間放送局が、子供向け番組を放送する方向で最終調整中。今後、ベトナムや中国などへの展開も図る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ