PR

ニュース 経済

ソフトバンク系スマホ決済「ペイペイ」 5日にもサービス開始 導入リクエスト機能搭載

 ソフトバンク系のスマートフォン決済運営会社「ペイペイ」が、5日にもサービスを開始することが4日、分かった。利用者がペイペイで支払いをしたい店をアプリを使ってリクエストできる機能を搭載。利用者に加盟店の開拓に協力してもらうことで、年内100万カ所を目指して普及を図るLINE(ライン)など先行各社に対抗する。

 ペイペイはソフトバンクとヤフーのほか、ソフトバンクのグループ会社でインドのスマホ決済最大手「Paytm(ペイティーエム)」が共同で運営。同名のスマホ決済サービスを手掛ける。ペイティーエムがサービス開始から7年間で3億人の利用者を集めた加盟店開拓のノウハウや、アプリの機能、使い勝手の良さなどを日本のペイペイのアプリにも導入する。

 その一つが「このお店でペイペイを使えるようにしてほしい」とアプリの利用者がリクエストできる機能。「この店には1週間にリクエストが何件あった」という情報を元に、ペイペイの営業担当者が店を訪れて導入を促す。

 ペイペイ幹部は「使える店の多さ、アプリの使い勝手、利用者数のすべてでナンバーワンになる」と意気込みを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ