PR

ニュース 経済

ソフトバンク「車はIoTだ」 地域活性化にも意欲

トヨタ自動車の豊田章男社長(右)とトークセッションするソフトバンクグループの孫正義代=4日午後、東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
Messenger

 ソフトバンクがトヨタ自動車と提携したのは、家電から建設機械まであらゆるモノをインターネットでつなげるモノのインターネット(IoT)の普及が進む中で、トヨタの自動運転機能を持つ電気自動車(EV)「イーパレット」に魅力を感じたことが理由だ。共同出資会社の社長に就任するソフトバンクの宮川潤一副社長は4日の記者会見で、「サービス提供会社と自動運転車を結びつけるプラットフォーム(基盤)を提供する」と意気込みを示した。

 「車はIoT(の一つ)だという観点から提携に至った」

 ソフトバンクのIoT事業を統括し、最高技術責任者(CTO)の肩書も持つ宮川氏はこう説明した。

 ソフトバンクはこれまで、自治体やIT企業などとIoTや人工知能(AI)の分野で提携を進めてきた。また親会社のソフトバンクグループはIoTやAIに加え、米配車大手ウーバー・テクノロジーズに出資するなど、モビリティー(乗り物)分野への出資にも積極的だ。

 AIを中心にさまざまな企業でグループを形成する「AI群戦略」を推進するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は4日の会見で、「モビリティー関連企業への投資はAI群戦略の中核をなす」と重要性を強調した。

 宮川氏は今後の構想として、イーパレットにさまざまなサービスを組み合わせていく考えを表明。共同出資会社で手掛ける移動無人コンビニエンスストアなどはその一環だ。宮川氏は、すでにソフトバンクと提携した自治体と協力しながら、「交通弱者や買い物困難者の救済など地方の交通課題を解決したい。イーパレットを用いて地域活性化にチャレンジしたい」と述べた。(大坪玲央)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ