PR

ニュース 経済

移動サービス市場拡大、王者も生き残りへ危機感 トヨタ・ソフトバンク連合 

Messenger

 次世代の移動サービスはトヨタが手掛ける自動運転車両だけで展開できるわけではない。人工知能(AI)による需要予測や効率的な配車システムを含め、ライドシェア企業が蓄積したノウハウが必要だ。通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」でもIT企業の力が生きる。

 以前は自動車メーカー同士の合従連衡が多かったが、変革期に新しい事業を行うには異業種との連携が欠かせない。豊田氏は4日、「競争の相手もルールも大きく変化している」と改めて危機感を示した。

 背景には新市場をめぐる熾烈(しれつ)な主導権争いがある。3日にもホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)が、GMが来年始めるライドシェアサービス向けに自動運転車両を共同開発すると発表。GMのメアリー・バーラ会長兼最高経営責任者(CEO)は同日、「自動運転技術のリーダーシップを拡大する」と自信を示した。米グーグル系のウェイモは年内にも自動運転車両による配車サービスを始めるという。(高橋寛次)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ