PR

ニュース 経済

【トラノコのかんたんマネー講座】ドイツ統一と相場動向

Messenger

 1990年10月3日、それまでの米国とソ連を中心とした冷戦が終焉(しゅうえん)を迎え、東西に分断されていたドイツが統一され、ドイツ連邦共和国が誕生しました。

 有名な「ベルリンの壁崩壊」は前年の1989年11月9日。市民が壁に登ったニュース映像が印象的ですが、実際の統一国家となるまでにさらに約1年の時間が必要でした。

 この期間のドイツの代表的な株式指数であるDAX指数は、ベルリンの壁崩壊前後から、大幅な上昇を記録。“壁崩壊”のニュースで、統一による経済拡大の期待感が醸成されました。しかし、翌年4月をピークに、条約締結など統一に向けた具体的な進捗(しんちょく)が見られた8月頃から10月に向け、他国比較でも大きな下げとなりました。

 イギリスの欧州連合(EU)離脱に加えて、朝鮮半島をめぐる動きなど、地政学的な変動が株式相場に与える影響は世界を駆けめぐります。

 投資をわずかでも始めていると、為替の動きや、トランプ米大統領の“つぶやき”など大小さまざまなニュースが相場とつながりあることを体感できます。(トラノテック取締役 藤井亮助)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ