PR

ニュース 経済

マツダ、ロータリーエンジンをEVに活用 発電して距離を延長

電動化技術などについて説明するマツダの丸本明社長=2日午後、東京都港区(臼井慎太郎撮影)
Messenger

 マツダは2日、新型のロータリーエンジン(RE)を活用して航続距離を飛躍的に延ばした電気自動車(EV)を、平成32年をめどに投入すると発表した。REは市販車で8年ぶりの復活となる。同社は42年に生産する全車両を電動化する方針だが、EVはその5%にとどまると想定、95%はエンジンをモーターなどと組み合わせる。世界的な環境規制強化への対応が自動車各社の命運を握る中、マツダは強みであるエンジン技術を活用した電動車で勝負をかける。

 「電気駆動の利点とマツダの独自技術を最大限使い、走る喜びを体現したEVを商品化する」

 丸本明社長は同日の説明会でこう強調した。独自技術の一つがREだ。

 ピストンが上下する通常のエンジンに対し、REはおむすび型のローターによる回転運動でエネルギーを生み出す。昭和42年に世界で初めて搭載車の量産に成功し、マツダの象徴的なエンジンとなったが、燃費性能の改善が難しく、搭載する「RX-8」の生産を平成24年に終了した後は市販車には使われていなかった。

 だが、マツダは、小型・軽量にもかかわらず、出力は大きく、音も静かというREの特徴がEVに向いていると判断。再び活用にかじを切る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ