PR

ニュース 経済

ユニクロの柳井氏、フェデラー選手の活動支援を表明

記念撮影に応じるユニクロのグローバルブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラー(左)とユニクロの柳井正会長兼社長=2日午後、東京都江東区(三尾郁恵撮影)
Messenger

 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は2日、東京都内で傘下のユニクロとスポンサー契約を結んだ男子テニスのロジャー・フェデラー選手(37)とともに記者会見し、フェデラー選手の財団がアフリカ南部の国々などで進める社会貢献活動を支援していくことを表明した。貧困などで教育が受けられない若者・子供向けに教育プログラムを提供する。

 フェデラー選手は今年7月のユニクロとの契約発表以降、初めての来日で、ファーストリテイリングを表敬訪問した。

 記者会見で柳井氏はフェデラー選手に対し、「世界最高のテニスプレーヤーであるだけでなく、全人格的にも優れた人であり、われわれが進めようとする社会貢献と同じ方向性を持っている」とし、スポンサー契約や今回の新たな支援の理由を説明した。

 フェデラー選手もユニクロの支援に基づく社会貢献活動を皮切りに「来年日本でエキシビションマッチを開催し、子供の支援につなげていく」と語った。

 フェデラー選手との契約額は非公表だが、海外メディアによると、10年間で3億ドル(約341億円)との臆測も流れるほどの大型だ。ユニクロでは人種、国籍、性別を問わず、誰でも着ることができる「ライフウエア」を展開し、これを核にアパレル世界一を目指している中で、全世界的な人気を誇るフェデラー選手との契約を「追い風」にしたいところだ。

 日本やアジアでの販売では一定の成果をあげているが、世界一に向けた当面の課題は欧州市場だ。特にアパレル最大手で「ZARA」を展開するスペインのインディテックスの牙城だけに厳しい戦いになることは、柳井氏が一番感じている。

 それだけに、フェデラー選手という強力なパートナーを得て、欧州市場で攻勢をかけていく考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ