PR

ニュース 経済

小野薬品株が年初来高値を更新 「オプジーボ」に注目

小野薬品工業本社=大阪市中央区
Messenger

 本庶佑京都大特別教授のノーベル医学・生理学賞受賞が決まったのを受け、2日午前の東京株式市場では、がん免疫治療薬「オプジーボ」を製造販売する小野薬品工業の株価が上昇し、年初来高値を付けた。

 本庶氏の研究をもとにオプジーボを開発した小野薬品は午前の取引開始直後に一時、前日終値比220円高の3430円まで上昇し、年初来高値を更新した。

 がん免疫療法分野の創薬ベンチャー、ブライトパス・バイオなどにも投資家の注目が集まった。市場関係者は「話題が先行し、小野薬品だけでなく、免疫治療関連銘柄に個人投資家の買い注文が集まっているのでは」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ