PR

ニュース 経済

メルカリに株主から厳しい声 上場後初の総会

メルカリの山田進太郎CEO(大坪玲央撮影)
Messenger

 フリーマーケットアプリ運営のメルカリは28日、6月の上場後初めてとなる株主総会を東京都内で開いた。一時8千億円を超えた時価総額は低迷し、米国事業の不振で赤字経営が続いている。株主からは厳しい質問が相次ぎ、成長に必要な事業戦略のスピード感を巡って批判も飛んだ。

 メルカリの平成30年6月期連結決算は純損益が70億円の赤字。国内は順調だったが米国事業が足を引っ張った。400人余りの株主が参加した総会では、米国展開の将来性や黒字化のめどに関する質問が繰り返し出たが、山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は明確な時期を示さなかった。

 山田氏は「直近の利益より中長期の成長を優先する」と説明したが、ある株主は「中長期とはいつか」といらだち、来年6月までに始めるとしている決済サービス「メルペイ」についても「他社に比べ後発だ」との声も上がった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ