PR

ニュース 経済

米証券取引委員会、テスラCEOを証券詐欺罪で提訴 ツイートで虚偽情報

 米テスラのイーロン・マスクCEO(AP)
Messenger

 【ワシントン支局】米証券取引委員会(SEC)は27日、米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が8月にツイッターで株式の非公開化を検討していると投稿したのは、虚偽の情報で投資家を誤解させる行為に当たるとして、マスク氏を証券詐欺罪でニューヨーク州の連邦地裁に提訴した。SECはマスク氏に、テスラを含む公開企業の経営に関与しないことや民事制裁金の支払いなどを求めている。

 米メディアによると、マスク氏は8月7日、ツイッターに「(1株当たり)420ドル(約4万7千円)でテスラを非公開化することを検討している。資金は確保」と投稿した。これを受けて株式市場では一時、同社株が急騰。だがマスク氏は8月24日、自社サイトで、投資家からの抵抗が大きいとして非公開化を撤回すると表明した。

 SECは、マスク氏が投稿時点で「資金提供者と非公開化に向けた詳細を協議していなかった」などとして、虚偽の情報で市場を混乱させたと指摘している。これに対し、マスク氏は声明で、提訴は不当だと主張。「私は常に真実と透明性、投資家の利益のために行動してきた」と反論した。

 マスク氏の投稿をめぐっては、米司法省も捜査に乗り出している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ