PR

ニュース 経済

TIS、AIによるテキスト解析に強みを持つFRONTEOと協業

Messenger

 TISインテックグループ
~人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を活用したソリューションで、専門性の高い各業界での課題解決を推進~

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野徹、以下:TIS)と、株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏、以下:FRONTEO)は、パートナー契約を締結し、FRONTEOが独自開発した人工知能(AI)エンジン「KIBIT(キビット)」を活用したソリューションの展開、提供を共同で推進していくことを発表します。

 「KIBIT(キビット)」は、少量の学習データから見つけたいデータを抽出するテキスト解析に強みを持つ人工知能エンジンです。両社では、協業の第一弾として「製薬業界向けのソリューション」および「特許調査支援のソリューション」の提供を共同で行います。

 【背景】
 自然言語処理のAI技術では、単語や文脈、文章の意味的な特徴をAIに学習させることが可能となってきています。しかし、自由に記述したテキストデータを含むビックデータから、目的に沿った見つけ出したいデータを抽出するには、通常導入時のデータ分析・整備、学習等に非常に多くのコストと時間が必要になります。

 テキストに特化した人工知能の研究、開発を行うFRONTEOの人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」は、国際訴訟における証拠の発見という業務において培われた大量のテキストデータから抽出される弁護士の経験や勘に基づく知識である「暗黙知」をベースとして、データ分析の現場を通して集積・体系化されたノウハウが実装されており、わずかな教師データからそれを選んだ人間の機微や経験、判断に基づく暗黙知を学習することができます。

 TISでは、2017年にAIサービス事業部を立ち上げ、特に自然言語の分野においては意図推定、対話、音声認識といった独自の技術を活用したサービスの開発を進めて来ました。そうした中で、FRONTEOの提供する「KIBIT(キビット)」のテキスト解析などを高く評価し、今回のパートナー契約の締結に至りました。

 TISとFRONTEOでは、協業の第一弾として以下のようなソリューションを展開していきます。

 【製薬業界向けソリューション】
 TISの製薬業界向けソリューション「Medical Drive(メディカルドライブ)」をはじめとした、製薬業界で培った業務ノウハウとFRONTEOが提供する人工知能「KIBIT(キビット)」等を活用した自然言語による業務の高度化を実現するソリューションを提供します。
 お客様の経験で培われた感覚や暗黙知を学んだ人工知能エンジンを備えたビジネスデータ分析支援システム「KIBIT Knowledge Probe」が、MR(医薬情報担当者)の日報やお問い合わせ、口コミなど、コミュニケーションにおける膨大なテキストデータを分析し、製薬企業における円滑な情報伝達と新たなビジネス機会の創出、リスク回避を支援します。
 また、人工知能によるQ&Aシステム「KIBIT Find Answer」を活用し、自然文で入力された質問の特徴を学習し、製薬企業における各分野のエキスパートが過去に行った回答データから適切な内容を抽出して迅速に提示することで問合せ対応の省力化に貢献します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11650/493/resize/d11650-493-904323-0.jpg ]

 ※ファーマコビジランス:日本語では「医薬品安全性監視」などと訳される。世界保健機関(WHO)によって「医薬品の有害な作用または医薬品に関連するその他の問題の検出・評価・理解・予防に関する科学と活動」と定義されている活動
※メディカル・アフェアーズ:製薬企業において新薬の開発から市販後までトータルでコーディネートする専門組織

 【特許調査支援ソリューション】
 化学業界、製造業等において、人工知能「KIBIT(キビット)」を活用し、特許調査業務に活用するソリューションを提供します。
 特許調査を効率化する特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」を活用して、発明の新規性・進歩性を否定する根拠となる可能性がある特許文献を、迅速に発見・抽出することで、無効資料調査を中心に、特許調査が必要となる多様なシーンで特許実務を強力にサポートします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11650/493/resize/d11650-493-494738-1.jpg ]

 ※IPC:「International Patent Classification」国際特許分類。特許と実用新案の登録項目に関する国際的分類法

 <KIBITについて>
「KIBIT」は人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジンです。人間の心の「機微」(KIBI)と情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を理解する人工知能」を意味しています。テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、人に代わって、判断や情報の選び方を再現することができます。

 <「Medical Drive」について>
「Medical Drive」は、システムインテグレータとして培った豊富な実績と、医療業界に従事してきた業務知識をベースに提供する製薬業界向けのトータルソリューションです。「Medical Drive」の詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/medical_drive/

 <TIS株式会社について>
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。https://www.tis.co.jp/

 <FRONTEOについて>
株式会社FRONTEOは、独自開発の人工知能エンジン「KIBIT」により、ビッグデータなどの情報解析を支援するデータ解析企業です。国際訴訟などに必要な電子データの証拠保全と調査・分析を行うeディスカバリ(電子証拠開示)や、デジタルフォレンジック調査を支援する企業として2003年8月に設立。自社開発のデータ解析プラットフォーム「Lit i View(リット・アイ・ビュー)」、日・中・韓・英の複数言語に対応した「Predictive Coding(プレディクティブ・コーディング)」技術などを駆使し、企業に訴訟対策支援を提供しています。このリーガル事業で培われ、発展した「KIBIT」を始めとする独自の人工知能関連技術は、専門家の経験や勘などの「暗黙知」を学び、人の思考の解析から、未来の行動の予測を実現します。
ヘルスケアやビジネスインテリジェンス、デジタルマーケティングなどの領域に展開し、FinTechやRegTechに加え、「働き方改革」でも実績をあげています。2007年6月26日東証マザーズ、2013年5月16日NASDAQ上場。資本金2,507,346千円(2018年3月31日現在)。2016年7月1日付けで株式会社UBICより現在の社名に変更しております。URL: http://www.fronteo.com/

 * 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ