PR

ニュース 経済

サッポロが中国ビール市場に再参入 ベトナムから高級ビールを輸出

Messenger

 サッポロビールは20日、中国のビール市場へ再参入すると発表した。ベトナム工場で生産した海外市場専用のプレミアムビールを中国に輸出する。世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI、ベルギー)と販売代理店契約を結んで同社のルートを活用し、中国の飲食店や小売店に売り込む。

 サッポロは1980年代に日本から中国にビールを輸出・販売。2000年からは中国企業との合弁で「三宝楽(サッポロ)」ブランドのビールを現地で生産、販売していた。04年に合弁を解消した後は中国のビールメーカーに生産を委託して販売していたが、09年末に撤退していた。

 今回の販売再開で、サッポロの中国市場での事業展開は9年ぶり。「サッポロプレミアムビール」ブランドの330ミリリットル瓶、650ミリリットル缶、業務用の20リットル樽を11月から上海、北京などの都市部で販売する。

 中国のビール市場は頭打ち状態となっているが、輸入などの高級ビールの市場は伸びている。日本メーカーでのアサヒビールが「スーパードライ」、キリンビールが「一番搾り」をプレミアムビールとして拡販している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ