PR

ニュース 経済

スマホ料金、大容量では東京が世界トップ 総務省の内外価格差調査

携帯電話料金引き下げに向けた官民の動向
Messenger

 総務省が19日発表した平成29年度の電気通信サービスの内外価格差調査によると、1カ月のデータ利用が20ギガバイトの場合、東京のスマートフォンの月額利用料金は7022円と世界の主要6都市中最高だった。ニューヨークが6975円、ドイツ・デュッセルドルフが5049円、ソウルが5009円と続いた。最も安かったのはパリで2460円だった。

 データ利用が2ギガバイトで比較すると、ニューヨークの5990円、ソウルの3504円に次いで、東京は2680円と6都市中3位。ただ、調査は各国のシェア上位3事業者のうち、最も安い料金を比較したもので、東京はソフトバンクの格安スマートフォンブランド「ワイモバイル」の料金だった。

 各都市でシェアトップの事業者(東京はNTTドコモ)の料金を比較すると、東京は20ギガバイトと5ギガバイトで世界トップ、2ギガバイトではニューヨークに次いで2番目の高さとなっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ