PR

ニュース 経済

ファーストリテイリング、グーグルとの協業を発表 「情報製造小売業実現」加速へ

ファーストリテイリングの柳井正社長(荻窪佳撮影)
Messenger

 カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは19日、同社が目指す「情報製造小売業」実現に向け、米グーグルとIT分野で協業すると発表した。これまでファストリの柳井正会長兼社長は、「複数の世界的な企業との協業を進める」と説明していたが、IT大手との協業を明らかにしたのは初めて。

 今回の協業ではまず、グーグルが持つ人工知能(AI)を使った画像認識技術などを活用し、商品のトレンドや具体的な需要を予測するシステムの構築を進める。これまでの顧客からの意見や行動情報、販売実績などを取り込んだビッグデータと組み合わせ、精度を引き上げていく。

 さらに、ファストリグループの店舗、本部、生産・物流拠点のすべてで、全社員が情報を共有するためのコミュニケーション基盤として、グーグルのグループウエア「G Suite」を採用する。

 情報製造小売業は、情報の活用によって、「消費者が求めているものだけを作り、最適な形で届ける」とする概念。高い顧客満足と同時に、働き方改革も進めた効率のよい経営を実現させるというもので、全社的にこれまでの仕組みを改革するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ