PR

ニュース 経済

【テニス】ビジネスにも「大坂なおみ旋風」 ラケット、腕時計…関連商戦が過熱

Messenger

 テニスの全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス優勝を飾った大坂なおみ選手に経済界も熱視線を送っている。天真爛漫(てんしんらんまん)な人柄もあり、人気はうなぎ上りで、関連商品の商戦は既に過熱気味。大坂選手を企業ブランドの広告塔「ブランドアンバサダー」に起用し、自社の取り組みをアピールする動きも出ており、ビジネスでも「大坂旋風」が続きそうだ。

 大坂選手が所属する日清食品は大盛り上がりだ。全米オープンの決勝戦は、東京・新宿の本社で社員150人が大型画面を前に応援。最前列で声援を送っていた親会社の日清食品ホールディングスの安藤宏基(こうき)社長は、優勝直後、「優勝報奨金を出すし、優勝記念商品を検討したい」と、報道陣に語った。

 日産自動車は帰国当日の13日に、大坂選手を招いた会見を開き、ブランドアンバサダーの起用を発表した。日産は世界の頂点を目指し挑戦を続ける大坂選手を通じ、電気自動車(EV)や自動運転車などの次世代車市場をリードする姿勢を訴える狙いだ。

 大坂選手が使用するラケットメーカーのヨネックスでは、一般の消費者からの問い合わせが急増。スポーツ店から、店頭の在庫が少なくなっているため追加の発注が相次いでいる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ