PR

ニュース 経済

上場企業の「従業員のやる気」指標を開発 新たな投資判断を提供

Messenger

 企業組織コンサルティングを手がけるリンクアンドモチベーションは18日、企業価値を測るものさしとして従業員の“やる気”を基にした投資格付けを開示すると発表した。企業の持続可能性に注目する投資家が増える中、組織状態に着目した情報提供で新たな投資基準の確立を目指す。

 公表する指標「エンゲージメント・レーティング」は顧客企業と従業員の相互理解度を測るもので、企業の会社基盤や企業風土、待遇といった16要素について従業員に対する調査を実施。結果を数値化した上で「AAA」から「DD」までの11段階で格付けする。

 格付けは今後、顧客企業が決算発表などで自主的に開示し、平成37年までに300社の開示を目指す。企業風土の良さをアピールして人材獲得や投資拡大につなげるほか、投資家は中長期的な企業価値を判断する目安になるという。

 慶応大学大学院が上場企業66社を対象とした研究によると、エンゲージメントの数値が1ポイント上昇するごとに営業利益率が0・35%、労働生産性が0・035ポイント上昇するなどの相関関係があるとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ