産経ニュース

【リーマン10年 識者に聞く】東京財団政策研究所主席研究員・柯隆(か・りゅう)氏 「一帯一路でグローバルリーダー狙う」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【リーマン10年 識者に聞く】
東京財団政策研究所主席研究員・柯隆(か・りゅう)氏 「一帯一路でグローバルリーダー狙う」

東京財団政策研究所の柯隆主席研究員=東京都港区六本木(斎藤良雄撮影) 東京財団政策研究所の柯隆主席研究員=東京都港区六本木(斎藤良雄撮影)

 --中国は米国との貿易摩擦を激化させている

 「ベストシナリオは、中国の輸入品の関税が高まることによる過度のインフレを嫌がり、米国側が中国に対話を持ちかけることだ。ワーストシナリオは、中国が保有する約1兆2千億ドルの米国債の売却を持ちかける駆け引きだ。可能性が高いのは、2千億ドル規模の中国製品に対する追加関税が発動されれば、それを取り下げるよう中国が譲歩に動く流れだろう」(聞き手 西村利也)

「ニュース」のランキング