産経ニュース

【リーマン10年 危機後の世界】(3)中国台頭、揺らぐ世界秩序 金融リスク「10年前の米国より高い」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【リーマン10年 危機後の世界】
(3)中国台頭、揺らぐ世界秩序 金融リスク「10年前の米国より高い」

 「中国で金融危機が発生するリスクは10年前の米国よりはるかに高い」。2年前まで中国の財政相を務めていた楼(ろう)継偉(けいい)=(67)=は、今年初めに内部の会議で異例の警鐘を鳴らしたという。上海の経済学者が匿名を条件に明かした。

 中国の金融リスクに強い懸念を示す楼。国際金融通ながら率直なモノ言いで知られ、日本の財務相の麻生太郎(77)らとも「たばこを吸いながら談笑する間柄」(日中関係筋)だった。日米の政財界からも信頼が厚く、その発言は重みを持つ。

 だが、金融リスクに対する見方の厳しさから、中国の習近平指導部や周辺からは煙たがられ、2016年11月に退任に追い込まれた。上海の経済学者は「(現実問題を覆い隠す懸念のある)習指導部より楼の分析や発言に信頼性をより強く感じる」と語る。

 中国発の金融リスクは中央政府や国有企業、地方政府とその下部組織が関与する不良債権が最大の懸念材料だ。金融機関監督当局によると、昨年末段階の商業銀行の不良債権総額は1兆7100億元(約28兆円)で不良債権比率は1.74%。ただ、「金融機関からの融資で不良債権を認定する線引きを日米並みに厳しくみればその数倍」(上海の経済学者)とされる。

続きを読む

このニュースの写真

  • (3)中国台頭、揺らぐ世界秩序 金融リスク「10年前の米国より高い」

「ニュース」のランキング