PR

ニュース 経済

リーマン10年 アベノミクスで好転した日本経済 財政悪化など負の側面も顕在化

Messenger

 米国を震源地とし、日本経済にも大打撃を与えたリーマン・ショックから15日で10年を迎える。その後、東日本大震災の追い打ちもあり停滞した日本経済だが、金融緩和を中心とした安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」で経済は好転し、景気拡大は戦後最長を更新する勢いだ。一方で、財政悪化などの“負の側面”も顕在化している。(西村利也)

 リーマン・ショックによる海外市場の急速な冷え込みは、輸出主導型の日本経済を直撃した。直前に1万2千円台だった日経平均株価は平成20年10月に一時6千円台まで急落。1ドル=110円台だった円ドル相場は23年に70円台まで円高が進み製造業の業績が悪化した。実質国内総生産(GDP)成長率は20年度から2年続けてマイナスに沈んだ。

 こうした状況下で本格的な景気てこ入れ策を打ち出したのが、24年12月に発足した第2次安倍政権だ。大量のお金を世の中に供給する「異次元」の金融緩和策、公共事業に資金を投入する財政出動、規制緩和などで経済発展を促す成長戦略の「三本の矢」を柱としたアベノミクスを発動。円安が進み、輸出産業を中心に企業の業績が回復した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ