PR

ニュース 経済

「電機業界の年収」ランキング、苦境乗り越えた東芝が3位、2位はパナ 1位は……

Messenger
ソニーの公式Webサイト
ソニーの公式Webサイト

 電気機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、1位はソニーの776万円だった。

 社員からは「年功序列ではなく、成果に応じて給与が規定される『ジョブグレード制度』が採用されており、若い年齢でも多く給料をもらっている人が多い印象」「家賃補助が手厚い。家賃の6~7割程度を会社が負担してくれる」などの声が寄せられた。

 2位はパナソニック(666万円)。年功序列の要素を排除した賃金制度を導入しているといい、「残業代が全額支給される。成果が出せれば昇給やボーナスに反映されるのでやりがいはあった」「頑張れば30代で年収800万円。福利厚生が充実しており、年収に加えて100万円は実質支給される」などの意見があった。

 3位は東芝(665万円)。不正会計問題の影響により、2016年度の平均年収は落ち込んだものの、社員からは「同業他社と比較して非常に高水準。緊急対策によるボーナスカットを踏まえても業界水準並みと思われる」と、好待遇に満足しているとの声があった。

 4位はNEC(日本電気、650万円)。業績改善のためにリストラ・事業売却などを進めている同社だが、社員からは「管理職になるとボーナスの割合が大きくなるため、会社業績が良ければ、それなりの年収になる」「福利厚生はしっかりしている」などと評価されていた。

 5~10位はキヤノン(638万円)、三菱電機(627万円)、富士ゼロックス(620万円)、日立製作所(616万円)、リコー(572万円)、シャープ(554万円)--と続いた。いずれも昇進・昇級後の報酬、ボーナス額、福利厚生、サポート制度などが高く評価されていた。

 調査は16年4月1日~18年3月31日にかけて、「キャリコネ」に正社員として登録しているユーザーから、給与明細に関する投稿が20件以上寄せられた企業のデータを対象に実施した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ