産経ニュース

【北海道震度7地震】「ブラックアウト」はなぜ起きた 北海道以外は大丈夫?

ニュース 経済

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
「ブラックアウト」はなぜ起きた 北海道以外は大丈夫?

 大阪電気通信大学の伊与田功教授は「東電や関西電力、中部電力は大規模発電所を多く持ち、供給力に占める1つの発電所の割合が低く、それが突然停止してもブラックアウトにつながる可能性は低い」とみる。

 一方、ピーク時の電力需要が北電と同規模の四国電力は「本州との連系線は2ルートあり、これが健全なら本州から大容量の電力を受電できる」という。四国は南海トラフ巨大地震への懸念もあるが、瀬戸内海側にも発電所を置いている。

 ただ、大手電力関係者は「他でも起きないとは断言できない」という。大山教授は「大災害を想定し、実際に起きたときにどう対応するのか、より詳細に考えるしかない」と話した。(森田晶宏)

このニュースの写真

  • 「ブラックアウト」はなぜ起きた 北海道以外は大丈夫?
  • 「ブラックアウト」はなぜ起きた 北海道以外は大丈夫?

「ニュース」のランキング