PR

ニュース 経済

福島県・楢葉町で2018年度「ならはプレミアム付商品券」を販売!

Messenger

 一般社団法人ならはみらい
~ 笑ふるタウン内「みんなの交流館ならはCANvas」にて開催 ~

 福島県・楢葉町に位置する様々な生活機能を集約した復興拠点「笑ふるタウン」では、 2018年9月1日(土)、2日(日)の2日間に渡り、施設内「みんなの交流館ならはCANvas」にて、町内で利用可能な商品券「ならはプレミアム付商品券」の販売を開催しました。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-735488-14.jpg ]

 [画像2: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-321941-13.jpg ]

 「ならはプレミアム付商品券」販売会場の様子

 [画像3: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-357546-5.jpg ]

 昨年度も販売をおこない、非常に好評をいただいた「ならはプレミアム付商品券」は、楢葉町に住民登録をしている方を対象に、額面15,000円の商品券を10,000円で購入できる”プレミアム”な商品券です。2018年7月より特設販売を開始し、飲食・旅館・小売・サービスなど、楢葉町内約60店舗で利用可能となっています。

 今年は2018年6月に新たにオープンした「笑ふるタウン」内に「ここなら笑店街」が開業したことで、利用店舗が更に拡大。「ならはプレミアム付商品券」の売上も10,000セットを突破しました。

 昨年度と比べて、利用できる期間も大幅に伸び、2019年1月6日(日)まで有効となっています。

 【「ここなら笑店街」:ブイチェーンネモト 社長 根本茂樹 コメント】

 [画像4: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-745076-4.jpg ]

 笑ふるタウンがオープンしてから約3ヶ月を迎えました。ここなら笑店街開業前は色々と不安がありましたが、おかげ様で現在多くのお客様にお越しいただいています。震災以降、新しいコミュニティ形成づくりになどに苦労されている方々が多くいる中、笑ふるタウンが起点となって、今後その役割を担うことができればと考えています。
お客様からの「ありがとう」の言葉を一つでも多く聞けるよう、引き続き頑張っていきたいと思います。

 【「ここなら笑店街」店舗紹介】

 [画像5: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-914891-9.jpg ]

 <ブイチェーンネモト>
広い店内に豊富な品物が並び、特に青果は売り場面積が広く、新鮮で種類の豊富な野菜、果物が揃っています。イートインスペースも利用可能。
[画像6: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-885674-12.jpg ]

 <Mare di Caffe>
シンプルな落ち着いた内装で、ゆっくりくつろげる空間です。香り豊かなコーヒーや紅茶とともに、ホットサンド、パンケーキを提供。
[画像7: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-596362-11.jpg ]

  <光洋舎クリーニング>
工場が併設されているためスピーディーに仕上がります。機械だけでなく、心をこめた手仕上げにこだわります。
[画像8: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-601582-10.jpg ]

 <麺joyなごみ家>
いわき駅前人気店が楢葉に出店。豚ベースの「なごみラーメン」や鶏ベースの 「鶏中華」 など、人気メニューが勢ぞろい。
[画像9: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-814928-8.jpg ]

 <豚壱>
老舗鰻店から継承した秘伝のタレと丁寧に手焼きした豚肉との相性は抜群です。アジアンテイストの内装で、ゆっくり過ごしたくなるお店です。
[画像10: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-494469-7.jpg ]

  <食楽処おらほや>
昼の営業はランチ中心で500円~。夕方からの営業は、おいしい焼き鳥や串揚げなどをくつろぎながら楽しむ交流の場。
[画像11: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-822099-2.jpg ]

 <BARBER SMILE>
カット、カラー、パーマはもちろん、お顔や頭皮のマッサージなど豊富なオプション。土、日はレディースシェープ、エステメニューもあります(要予約)。
[画像12: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-478329-1.jpg ]

  <ベーカリーハウスアルジャーノン>
約50種類のパンが取りそろえられています。だれでもきっとお気に入りのパンが見つかります。香りよくふわふわのパンを提供します。
[画像13: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-451125-0.jpg ]

  <コメリハード&グリーン楢葉店>
広い店舗には、農業用品から生活雑貨、日曜大工用品まで、幅広く豊富な商品が並んでいます。よりよい商品をより安く、充実の品揃えで生活の利便性は急上昇。
[画像14: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-149906-6.jpg ]

 <ジャブジャブ>
洗濯機5台のほか、シューズ用も1台設置。

 ■「みんなの交流館ならはCANvas」について(http://naraha-canvas.com/)

 [画像15: https://prtimes.jp/i/36561/3/resize/d36561-3-345602-3.jpg ]

 「みんなの交流館 ならはCANvas」は、全9回のワークショップの中で語られた町民の想いをもとに設計されました。施設のオープンは、ゴールではなく“はじまり”。楢葉町の方はもちろん、地域を超え、世代を超えて愛されることを願い、何度も来たくなるようなたくさんの魅力とこだわりが詰まった施設です。施設名については、これから多くの方が主体的にこの施設に関わり、みんなで創っていく=真っ白なキャンバスに描いていくような施設であってほしいという想いから名付けられました。CANを大文字にすることで、この施設の可能性や、「使う人の「can=できる」を叶える場所にしたいと想いを込めました。

 ■「笑(えみ)ふるタウンならは(ここなら笑店街)」について
「笑(えみ)ふるタウンならは」は、災害公営住宅やスーパーマーケット、診療所など、さまざまな生活機能を集約した楢葉町の復興拠点です。拠点内にある公設商業施設「ここなら笑(しょう)店街」は、スーパーやホームセンター、飲食店など10店舗が入居する複合商業施設となっています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ