PR

ニュース 経済

DJI主催「AirWorks China 2018」出展 業務自動化ソリューションをグローバルへ発信

Messenger

 株式会社センシンロボティクス
企業・自治体向け業務用ロボティクスソリューションを提供する株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋、以下センシンロボティクス)は8月30日(木)・31日(金)に中国 上海で開催された、ドローンユーザーやディベロッパー向けのDJI主催カンファレンス「AirWorks China 2018」に出展いたしました。30日午後にはグローバルセッションで弊社代表出村が「日本市場における業務自動化の先進的な取り組み」をテーマとして登壇し、日本市場における先進事例の紹介や今後リリース予定のパッケージソリューションの紹介を行いました。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/28447/13/resize/d28447-13-328739-0.jpg ]

 業務自動化ソリューションで高評価を得た中国市場

 会場には、世界各国から約700名の参加者と、ドローン業界における先端企業が集結。活気溢れる雰囲気の中、センシンロボティクスは、日本国内から唯一出展したドローン関連企業として参加しました。
「ソリューション・パートナー」として登壇した講演では、複数のソリューションコンポーネントを組み合わせたソリューションサービス概要や、太陽光発電設備向け点検自動化パッケージソリューションである「SOLAR CHECK」の活用事例、現在開発中のドローン自動運用を実現する「DRONEBOX」、先日発表した業務自動化統合プラットフォーム「FLIGHT CORE」などの先進事例と具体的な活用事例の紹介に加えて、今後DJIのonboard SDKやPayload SDKを活用したソリューション開発方向性や、今年中にリリース予定の通信・電力業界向け鉄塔点検パッケージソリューション「TOWER CHECK」の発表を行いました。
多くの中国政府関係者や電力系等のインフラ企業も参加する中、あらゆるオペレーションを自動で完結可能なソリューション展開をする弊社の事業形態は、中国をはじめとする海外市場でも大きな需要があることが改めて確認され、それに応えるべく今後展開する弊社サービスは全て多言語対応させていくことを決めております。
弊社ブースには、各国のベンダーや各ベンダー・DJIの担当者が詰めかけ、情報交換が活発に行われ、今後の海外連携を強化する契機となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28447/13/resize/d28447-13-188825-2.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/28447/13/resize/d28447-13-119697-3.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/28447/13/resize/d28447-13-863567-1.jpg ]

 [画像5: https://prtimes.jp/i/28447/13/resize/d28447-13-932644-4.jpg ]

 弊社にとって初となる今回の海外大型イベント出展を通じて、各国が抱える社会課題や顧客課題に対して、ドローン並びに先端ロボティクスソリューションのニーズの高さを改めて実感しました。センシンロボティクスは、今後も、グローバル視点であらゆる課題解決に挑戦し、その先に、全ての労働集約型の業務を自動化・省力化していく基盤となる業務自動化ソリューションを海外に向けても早急に展開し、その大きなニーズに応えていく動きを加速させて参ります。

 ■DJI 「AirWorks China 2018」について
民生用ドローンのグローバルリーダーであるDJI社が主催する「AirWorks」は、ドローン業界の主要プレーヤーが一堂に会する、注目の業界関係者向けのカンファレンスです。中国 上海を舞台として開催される今回は、「AN OPEN PLATFORM FOR ALL」をコンセプトとして掲げており、APAC地域において発展しつつある産業用ドローン・エコシステム、そしてドローンを導入・活用する世界中の企業の成功事例に焦点が当てられました。

 ■DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や 農業をはじめとする多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

 ■センシンロボティクス(旧社名ブイキューブロボティクス)について
2015年10月の設立以降、ドローンなどのロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開しています。特に、自動化/汎用化の取り組みを推進していくことで、省力化・無人化も含めた新しい業務のあり方・実現の仕方を提案し、日本が直面している社会課題に応えるとともに、課題先進国である日本で培った多彩なソリューションを世界に向けて発信していきたいと考えています。
URL:http://www.sensyn-robotics.com

 ※2018年6月29日 総額約12億円の資金調達を実施
※2018年7月1日 「株式会社センシンロボティクス」へ社名変更

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ