PR

ニュース 経済

アナログとデジタルの融合で、新しい音楽スタイルを提案 ヤマハ ネットワークターンテーブル『MusicCast VINYL 500』 基本性能とデザイン性を両立 ヤマハ ターンテーブル『TT-S303』

Messenger

 ヤマハ株式会社
ヤマハ株式会社は、当社独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(R)」(ミュージックキャスト)に対応したネットワークターンテーブル『MusicCast VINYL 500』(モデル名:TT-N503)と、優れた基本性能で、高品位なレコード再生が楽しめるターンテーブル『TT-S303』の2機種を10月下旬より全国で発売いたします。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-726499-2.jpg ]

 [画像2: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-372003-1.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-166734-3.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-693601-0.jpg ]

 <価格と発売時期>
品名/モデル名/色/本体価格/当初月産 予定台数/発売時期
ネットワークターンテーブル 『MusicCast VINYL 500』/TT-N503/(B)ブラック/90,000円(税抜)/3,500台/10月下旬
ターンテーブル/TT-S303/(B)ブラック/58,000円(税抜)/2,500台/10月下旬製品概要

 <製品概要>
今回発売する『MusicCast VINYL 500』と『TT-S303』は、かつてGT-2000やPX-1などといった製品で高い評価を得たヤマハが27年ぶりに発売するターンテーブルです。高密度MDF素材を使用した高剛性キャビネットに加え、駆動方式には高い回転安定性を実現するベルトドライブ方式を採用しました。さらにトーンアームには、剛性に優れたストレートトーンアームを採用するなど、高品位な音でレコード再生が楽しめる優れた基本性能を搭載しました。さらに『MusicCast VINYL 500』は、ヤマハ独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(R)」に対応し、レコードの音を他のMusicCast対応機器にワイヤレスで飛ばして再生したり、音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)や「Deezer HiFi」(ディーザー ハイファイ)といった、様々な音楽コンテンツが楽しめるなど、アナログとデジタルの融合により、新しい音楽ライフを提案するターンテーブルです。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-451881-7.jpg ]

 <主な特長>
1.美しいグロス塗装仕上げの高剛性キャビネット&高トルク型DCモーターを採用したベルトドライブ方式
レコード再生において重要となる制振性を高めるために、高密度MDF素材を使用した高剛性キャビネット、防振性に優れたエラストマーを内部に使用したインシュレーターを採用しました。さらに駆動方式には、モーターの振動の影響が少なく、安定した回転が得られるベルトドライブ方式を採用したうえ、直径30cmのアルミダイキャスト製プラッターを高トルクのDCモーターで回転させることで、高純度かつ正確な信号の読み取りを実現しました。また質感の高いグロス塗装を施したシンプルでオーセンティックなデザインで、空間に美しく調和し、ヤマハの他のHiFiコンポーネントにもマッチします。
[画像6: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-154232-5.jpg ]

 2.振動による音楽信号への悪影響を排除する剛性の高いストレートトーンアーム
レコードに刻まれた音楽信号のみを正確に読み取るために、軽量かつ剛性に優れたアルミ素材を使用したスタティックバランス型のストレートトーンアームを採用しました。感度の高いストレートアームの特性を活かした、透明かつ開放感のある音を実現しました。さらにMM型カートリッジも付属しており、購入してすぐにレコードを楽しんでいただくことができます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-358175-6.jpg ]

 3.お手持ちの機器に合わせてシステムが構築できる高音質フォノイコライザーアンプ/PHONOダイレクト出力
フォノイコライザーアンプを搭載しており、フォノアンプを搭載していないミニコンポやアクティブスピーカーと接続して、手軽にレコードを楽しむことができます。さらにフォノイコライザーアンプには、音質に定評のあるJRC(新日本無線)製のオペアンプを採用することで、表現力豊かな音を実現しました。また切り替えで、PHONOダイレクト出力も選べ、フォノアンプを搭載している本格アンプと組み合わせることも可能です。お手持ちのオーディオ機器に合わせて、自由にレコード再生のシステムを組むことができます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-602745-8.jpg ]

 4.レコードの音を、ワイヤレスで飛ばして再生できるMusicCast(R)機能(MusicCast VINYL 500のみ)
ヤマハ独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(R)」にも対応し、本機で再生したレコードの音を、別の部屋にあるMusicCast(R)対応機器にワイヤレスで飛ばして楽しむことができます。また操作も、専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」を用意し、本体の電源のオン/オフをはじめ、ストリーミングサービスの選択など、さまざまな操作をスマートフォンやタブレットを使って行うことができます。
[画像9: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-420864-9.jpg ]

 5.さまざまな音楽コンテンツを自由に楽しめるネットワーク機能(MusicCast VINYL 500のみ)

 [画像10: https://prtimes.jp/i/10701/240/resize/d10701-240-389036-4.jpg ]

 Wi-Fiネットワーク機能(5GHz帯/2.4GHz帯対応)を使って、音楽ストリーミングサービス「Spotify*1」や「Deezer HiFi*2」、IPサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp*3」などといった音楽コンテンツを楽しむことができます。さらにBluetooth(R)受信、AirPlayにも対応しているほか、ネットワーク内にあるパソコンやNAS(ネットワークHDD)にストックした音楽ライブラリー(ハイレゾ音源)もワイヤレスで再生可能です。レコードだけでなく、さまざまな音楽コンテンツを楽しんでいただけます。

 *1:Spotifyの聴取をより便利にする「Spotify Connect」に対応。Spotify Connectの利用にはSpotifyアプリ(無料)のインストールとSpotify Premiumアカウント(有料)への登録が必要です。
*2:Deezer HiFiは月額制の有料サービスで、利用には別途契約が必要です。本機でDeezer HiFiを聴取するには、ヤマハが提供する操作アプリ「MusicCast CONTROLLER」(無償)のインストールが必要です。
*3:radiko.jp(無料のエリア内聴取)とradiko.jpプレミアム(有料のエリアフリー聴取)に対応。利用には「MusicCast CONTROLLER」アプリのインストールが必要です。また、radiko.jpプレミアムの利用にはプレミアム会員(有料)への登録が必要です。

 ヤマハ 『MusicCast VINYL 500』製品サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/hifi_components/musiccast_vinyl_500/index.html
ヤマハ 『TT-S303』製品サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/hifi_components/tt-s303/index.html
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/

 ※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ