PR

ニュース 経済

最先端技術が学べる「tech boost」が“プログラミングスクール初”トークンエコノミーを形成へ!

Messenger

 株式会社Branding Engineer
国内最大級のコミュニティコイン発行プラットホーム「fever」と連携

 ブロックチェーン、AI、IoTなど最新技術が学べる「tech boost」は、国内最大級のコミュニティコイン発行プラットフォーム「fever」と連携し、"プログラミングスクール初"となるトークンエコノミーを形成していきます。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/15060/29/resize/d15060-29-532442-1.jpg ]

 "業界初”ブロックチェーン、AI、IoTなど最新技術が学べる「tech boost」(https://tech-boost.jp/)は、“テクノロジーコミュニティ”として、従来のスクールの概念におさまらないコミュニティ活動を通したプログラミング学習を推進してきました。しかし、これまでメンターや受講生の「tech boost」への貢献に対して平等な対価を付与できていませんでした。

 そこでこの度、国内最大級のコミュニティコイン発行プラットフォーム「fever」を提供する株式会社Asobica(本社:東京都品川区、代表取締役:今田孝哉)と連携してコイン(通称tbコイン)を発行し、コミュニティのさらなる活性化を図っていきます。

 ■ tbコインの発行によりできること

 ・コイン配布による「貢献度」の価値化
「fever」のプラットホーム上で提供されている、貢献度に応じたコインの配布機能を活用し、メンターや受講生へのインセンティブを付与していきます。これにより、これまで価値化できていなかったメンターや受講生の貢献を価値化し、コミュニティ内の活性化を促進していきます。

  ・ コインの送り合いを活かしたプログラミング学習
メンバー間でのコインの送り合い機能を用いることで、従来の一方的になりがちなスクールという学習形態ではなく、双方向のコミュニケーションによる新しい形のプログラミング学習を可能にしていきます。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/15060/29/resize/d15060-29-487304-0.jpg ]

 ■ feverについて
feverとは、コミュニティが独自のコインを発行し、経済圏を作っていけるサービスです。コインは、メンバー間での送り合いや、コミュニティ内で提供されるサービスへの決済に活用することができます。それにより、今まで見えなかった感謝、貢献度を可視化していけることが特徴です。(URL:https://fe-ver.jp/entry

 
2017年11月、「shock the world」をコンセプトに掲げ、テクノロジーで世界を震撼させる人財を輩出するためスタートしたこれまでに無いプログラミング教育事業です。”業界初”のブロックチェーンコースをはじめ、AI、IoTなどといった先端技術、ならびにWeb開発の技術取得をサポートする学習コンテンツを提供しています。さらに現役エンジニアによるマンツーマンのメンタリングなど他にはないサポートが特徴です。(URL: https://tech-boost.jp/)

 <運営会社について>
■会社名:株式会社 Branding Engineer(URL:http://b-engineer.co.jp/
□所在地:〒150-0044 東京都渋谷区円山町 28-3 いちご渋谷道玄坂ビル 5F
□資本金:1 億 2209 万円(資本準備金含む)
□事業内容:ITサービス事業
□代 表 者 :代表取締役CEO 河端 保志
代表取締役COO 高原 克弥

 <リリースに関する問い合わせ>
■株式会社Branding Engineer 広報担当 根崎
MAIL:pr_release@b-engineer.com TEL:03-6416-5564
■tech boost運営事務局 校長 山口
MAIL: tb_support@b-engineer.com  TEL:03-6416-0678

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ