PR

ニュース 経済

ふるさと納税「健全な競争で地方創生に貢献を」 菅義偉官房長官、総務省の制度見直しで

定例会見に臨む菅義偉官房長官=11日午後、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、総務省がふるさと納税制度を抜本的に見直す方針を表明したことについて「各自治体が節度をもって健全に競争することで、ふるさと納税がいっそう活用され、地方創生に貢献する」と評価した。

 ふるさと納税をめぐっては、一部自治体が高額な返礼品などを呼び水に多くの寄付を集めていることが問題視されている。

 菅氏は総務相を務めていた平成19年にふるさと納税制度を発案し創設した。「ふるさとへの絆とか、頑張っている地域を応援したいという気持ちで納税者が納める先を選べる」と制度の趣旨を強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ