産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


欧州中銀の利上げ影響議論 EU財務相会合で

写真撮影に臨む(左から)欧州中央銀行(ECB)のルイス・デギンドス副総裁、オーストラリア国立銀行のエバルト・ノボトニー知事、オーストリアのハルトウィグ・レーガー財務相、欧州委員会のバルデス・ロンブロウスキス副委員長=7日、ウィーン(ロイター) 写真撮影に臨む(左から)欧州中央銀行(ECB)のルイス・デギンドス副総裁、オーストラリア国立銀行のエバルト・ノボトニー知事、オーストリアのハルトウィグ・レーガー財務相、欧州委員会のバルデス・ロンブロウスキス副委員長=7日、ウィーン(ロイター)

 欧州連合(EU)は7日、非公式の財務相理事会を開き、欧州中央銀行(ECB)の利上げによる影響について議論した。同理事会で金融政策を取り扱うのは異例という。ECBの政策運営に影響を及ぼそうとしている可能性もある。

 理事会後に記者会見したEU欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は「金融政策の正常化による金融機関や実体経済への悪影響を、どうやって最小化するかが課題だ」と述べた。

 ECBは量的金融緩和政策を年内に終了する予定だ。一方、最初に金利を引き上げるのは2019年秋以降となる見通し。利上げを巡っては、経済が好調なドイツなどと、低成長に苦しんでいるイタリアなどとの間で姿勢に差があるとされ、7日の理事会でも意見は一致しなかったとみられる。(共同)

「ニュース」のランキング