PR

ニュース 経済

「進研ゼミ小学講座」のメインキャラクターの「コラショ」20周年記念キャンペーンをスタート!

Messenger

 株式会社ベネッセホールディングス
9月より特別BOX仕様の「入学の準備ワーク」を販売 2019年2月には「コラショの海底わくわく大冒険」を公開予定

 株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:小林仁、以下:ベネッセ)が提供する小学生向けの通信教育「進研ゼミ 小学講座」のキャラクターである「コラショ」が、今年で誕生20周年を迎えました。記念キャンペーンの一環として、20周年特別BOX仕様の「入学の準備ワーク」の全国書店での販売や、インスタグラムでの「コラショ」とのエピソード募集を開始します。また、2月1日からは全国のイオンシネマを中心に20周年記念映画「コラショの海底わくわく大冒険!」を公開します。

 「コラショ」はランドセルをモチーフにした妖精で、お子さまが自主的に学習に取り組む姿勢を応援する伴走者として1998年に誕生し、今までに610万人を超える小学生の学習を応援してまいりました。コラショが登場する教材の対象学年である全国の小学1年生~3年生の5人に1人(※2018年4月時点)がコラショと一緒に勉強しています。「進研ゼミ 小学講座」の教材の中で、コラショは「励まし」や「応援」の声かけをしますが、そうした働きかけは学習へのプラスの影響があることが東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所の調査からもわかっています。(※調査結果の詳細はP4~をご参照ください。)
 20周年を迎えた「コラショ」とともに、これらからも「進研ゼミ 小学講座」は全国の小学生一人一人の学ぶ楽しさや成長の喜びを大切に、自学自習の力と確かな学力を育んでまいります。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-441036-0.jpg ]

 「コラショ」20周年記念キャンペーンの概要は以下の通りです。
1. 20周年を記念した特別BOX仕様の「入学の準備ワーク」を全国の書店で発売
「コラショ」20周年を記念して、「入学の準備ワーク(入学直前編)」を9月1日より特別BOX仕様で全国の書店にて販売しています。小学校の入学準備として、国語と算数につながる、ひらがなの読み書きや短い文章の読解、数・形などの学習に取り組める全72ページのワークです。
また、ワークには2大特別教材として、入学後にもご活用いただけるサブバッグと「おふろで英語ポスター」をつけており、生活面や英語への興味喚起もサポートします。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-622073-1.jpg ]

 2. 「コラショ」20周年のインスタグラムで「コラショ」とのエピソードを募集

 [画像3: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-615863-2.jpg ]

 現在ご受講中のかたや、これまでコラショと共に学んできた「小学講座」を卒業された会員のかたと一緒に20年の歩みを共有できるよう、インスタグラムを開設しました。懐かしの「コラショ」のアイテムを多数紹介していきます。「懐かしい!」「持ってます!」といったコメントもすでに寄せられており、今後は過去の進研ゼミ会員とも繋がれるような投稿イベントも開催予定です。

 コラショ20周年 進研ゼミ小学講座【公式】
アカウント:korasho20
https://www.instagram.com/korasho20/

 3. 映画「コラショの海底わくわく大冒険!」を2019年2月1日より公開

 [画像4: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-458042-3.jpg ]

 20周年を記念して、映画「コラショの海底わくわく大冒険!」を2019年2月1日より全国のイオンシネマを中心に公開します。
近年、多数のイベントが開催されるなど、小学生の関心も高まっている「深海」を舞台に、深海研究を担う国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)、深海探査の国際コンペティションに挑戦しているTeam KUROSHIOの協力のもと、頑張ることの大切さをテーマにした映画です。詳細は11月に発表予定です。
公式HP
https://sgaku.benesse.ne.jp/sho/all/others/korasho20/

 【ご参考】
<「コラショ」について>
●小学生にとって身近なアイテムであるランドセルの妖精
「コラショ」は「進研ゼミ 小学講座」の教材内に登場する小学生のキャラクターである「井上きずな(通称:キッズ)」のランドセルという設定で、教材内でお子さまを励まし、応援します。口癖は「だいじょうぶ、だいじょうぶ」で、コラショからの声かけで自学自習の力を身につけたお子さまが成長し、大学受験の合格時にイラスト入りでの報告を編集部にいただくこともあるほど、会員から親しまれているキャラクターです。
[画像5: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-284066-4.jpg ]

 ●小学生を「応援」することに特化したキャラクター
 「コラショ」が誌面に登場するのは小学1~3年生までの、学び始めのお子さまが一人で学習できるようになる
土台をつくる時期です。勉強が好きになることが大切な1年生は「ほめ」がいっぱい、少しずつ難しくなる学習内容に取り組む2年生は「励まし」色が強くなり、少しずつ保護者の方の手助けから独り立ちしていく3年生には
「励まし」や「応援」が増えるなど、各学年の発達段階に合わせて、コラショの役割が変わっていきます。

 [画像6: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-427536-5.jpg ]

 <励ましや応援の声かけの学習効果について>
小学1年生~高校3年生の子どもの成長を追い続けている、東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所
「子どもの生活と学びに関する親子調査」(2015~2017年)の結果から、保護者にただ勉強を教えられるだけでなく、「励まし」「応援」を受けながら教えてもらっていた子どもほど、現在、成績上位である比率が高いことがわかりました。

 ● 「励まし」を受けていた子どもほど、成績が高い。
 ■ 現在の子どもの成績(2年前の保護者のかかわり別)
[画像7: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-405090-6.jpg ]

 また、保護者のかかわりと子どもの学習面などの実態との関連をみると、保護者が励ましを行っているほど、
子どもは、現在、計画的に勉強したり、やりとげる力を身につけたり、自己肯定感も高いことがわかりました。

 ● 「励まし」を受けていた子どもほど、計画を立てて勉強している。
 ■ 計画を立てて勉強する(2年前の保護者のかかわり別)
[画像8: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-728880-7.jpg ]

 ●「励まし」を受けていた子どもほど、最後までやりとげる力を身につけている。
 ■ 一度決めたことは最後までやりとげる(2年前の保護者のかかわり別)
[画像9: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-925753-8.jpg ]

 ●「励まし」を受けていた子どもほど、自己肯定感が高い。
 ■ 自分に自信がある(2年前の保護者のかかわり別)
[画像10: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-810565-9.jpg ]

 このような調査結果を根拠に「進研ゼミ 小学講座」では、子どもの自主的な学習姿勢を応援するキャラクターとして、「コラショ」の「励まし」や「応援」の声かけを今後も大切にしていきます。

 <コラショ関連のアニメ・教材について>

 ●年長さんを応援するアニメDVDは登場から12年、昨年度も600万枚以上を配布!
2007年、年長さんを応援するコラショのアニメが登場しました。そこから18作品をご家庭・幼稚園・保育園で配布しています。DVDは入学に向けて交通安全や生活習慣、学ぶことの面白さ、頑張ることの大切さなどを伝える内容となっています。YouTubeでの再生回数は全作品で1,500万以上の視聴数を記録し高い人気を誇っています。また、主題歌である「たいせつなともだち」は卒園ソングの定番として毎年20万枚以上のCDのリクエストをいただき、多くの園で採用いただいています。
[画像11: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-520644-10.jpg ]

 ●「めざましコラショ」は登場から20代目、累計で610万台以上を出荷!
「めざましコラショ」は新1年生を対象に、小学校生活に慣れる上で欠かせない「早起き」をお子さまに身に
つけていただく教材として登場し、毎年非常に高い人気を得ています。現在の年長さん向けの2019年度モデルも、この夏から出荷をスタートし、すでに多くの方にご利用いただいています。

 [画像12: https://prtimes.jp/i/120/684/resize/d120-684-260433-11.jpg ]

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ