PR

ニュース 経済

【北海道震度7地震】北海道停電、4割が復旧 なお164万戸続く 東電も支援

 避難所で給水車に並ぶ人たち=7日午前8時30分、北海道厚真町
Messenger

 6日の北海道の地震で道内全域に及んだ停電に関し、経済産業省は7日、午前6時現在で4割超の約131万戸が復旧したと発表した。残る約164万戸は依然として停電が続いている。北海道電力は他電力から応援を受け入れ、全面復旧を急ぐ。

 道内の電力需要は5日のピーク時で約380万キロワット。これに対し、約154万キロワットの供給力を確保した。これまでに砂川火力発電所3、4号機(砂川市)や、奈井江火力発電所2号機(奈井江町)、知内火力発電所1号機(知内町)が運転を開始した。本州からの電力融通の受け入れや、病院などへの電源車の手配も進めている。

 東京電力は7日朝、北海道電力の応援要請を受け、電力の早期復旧のために柏崎刈羽原子力発電所からタンクローリー1台と社員2人を北海道へ派遣。タンクローリーは高圧発電機車などに燃料(軽油)供給を行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ