PR

ニュース 経済

みずほ、8日からシステム移行3回目 被災地支店は該当せず

Messenger

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が8日から傘下銀行の入出金や口座管理などを担う勘定系システムを次期型に移す3回目の作業を始める。個人顧客の取引データを店舗ごとに移すのは今回が初めて。

 対象となるのは浅草橋支店(東京都台東区)など都内6店舗。移行に当たり、8日午前0時から10日午前8時までは、みずほ銀行のATM(現金自動預払機)やインターネットバンキングなどが使えなくなる。台風被災地の関西や地震被災地の北海道の支店は含まれておらず、移行作業に影響はないという。

 みずほFGは6月から傘下銀行で併存した3つのシステムを一本化する作業を進めている。9回に分けて移行し、過去2回は顧客名簿などの基本データと大企業顧客の取引データを移した。個人顧客の取引データの移行は、10月から100店舗前後が対象となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ