PR

ニュース 経済

【北海道震度6強地震】札幌証券取引所が売買停止 RIZAPが単独上場

地震により土砂に埋まった乗用車=6日午前9時20分、札幌市清田区
Messenger

 北海道で発生した震度6強の地震を受け、東京証券取引所は6日、地震に伴う停電などの影響で札幌証券取引所の全銘柄の売買が取引開始から停止していると発表した。出勤できていない職員も一部おり、復旧のめどは未定という。

 札証は東証からシステムを提供され運営している。東証によると、札証に上場している銘柄は56銘柄で、このうちフィットネスクラブ運営会社RIZAP(ライザップ)グループなど15銘柄が単独上場。これ以外の残り41銘柄は東証などで取引が可能という。

 東証の担当者は「復旧に向け、担当者同士が携帯電話で情報を交換している。停電が回復し、証券会社も含めて態勢が整い次第、早期に取引を再開したい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ