PR

ニュース 経済

NAFTA再交渉、米加は協議継続

 NAFTA再交渉を巡る協議について説明するカナダのフリーランド外相(右)=5日、ワシントン(共同)
Messenger

 【ワシントン=塩原永久】米国とカナダは5日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐる協議を再開したが、合意に至らなかった。両国政府の交渉担当者が協議を継続する。トランプ米大統領は、協議の進展を「今後1日か、2日見てみる」と述べ、交渉を見守る姿勢を示した。

 カナダのフリーランド外相は5日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表との会談後、記者団に「われわれは精力的な話し合いを続ける。(協議は)建設的で前向きな雰囲気のままだ」と話した。ロイター通信が伝えた。

 トランプ氏は5日、ホワイトハウスで報道陣を前に「カナダと集中的な協議中だ」と指摘。「交渉が妥結しなくても米国は構わないが、カナダはそういうわけにいかない」と語り、カナダ側の歩み寄りを促した。

 協議では、カナダが存続を求める加盟国間の紛争解決制度や、乳製品を中心としたカナダの農産物市場の開放などをめぐり、対立点が残っているもようだ。

 先月下旬、米国とメキシコが2国間協定で合意。カナダが米国との2国間協議を先月末まで続けたが、合意できず、今月5日に協議を再開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ