PR

ニュース 経済

ソフトバンク系「ペイペイ」 アリペイとスマホ決済提携 加盟店舗拡大で

アリペイ ジャパンがイベントに出展したバスの運賃をアリペイで決済できる支払機=5日、東京都千代田区(大坪玲央撮影)
Messenger

 ソフトバンク系のスマートフォン決済サービスと同名の運営会社「ペイペイ」(東京)と、中国の電子決済サービス最大手「支付宝(アリペイ)」運営会社の日本法人「アリペイ ジャパン」(同)は5日、日本国内で両社のスマホ決済を利用できる店舗の拡大に向けて提携すると発表した。両社は、中国からのインバウンド(訪日外国人客)向けにはアリペイ、日本人向けにはペイペイとすみ分けながら、日本のキャッシュレス(非現金)決済の普及を目指す。

 ペイペイとアリペイ ジャパンは、両社のスマホ決済アプリで読み取れるQRコードの店頭への掲示を進めることで合意。商店や飲食店はペイペイに加盟することで、中国最大手のスマホ決済であるアリペイ利用者の消費を取り込めるようになる。今後、アプリの利用者間で送金できるサービスでも連携する方針だ。

 ペイペイは、ソフトバンクとヤフー、インド最大手のスマホ決済事業者「Paytm(ペイティーエム)」の3社が10月から開始予定のスマホ決済サービス。6月から、当面は決済手数料を無料として加盟店を募集している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ