PR

ニュース 経済

シカゴ穀物、小麦反落

Messenger

 連休明け4日のシカゴ穀物市場は小麦が反落した。ロシアの輸出制限に対する警戒感が後退し、売りが優勢となった。

 トウモロコシは米国産地の大雨による被害が懸念されて買いが広がり、続伸した。大豆も大雨の影響で米国産の収穫が減るとして買いが入り、主要限月がおおむね上げた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ