PR

ニュース 経済

【ワシントン経済リポート】トランプ政権をどう攻略? “別の道”選んだ日本とEU

 日米の新たな閣僚級貿易協議に臨む茂木経済再生相(右)とライトハイザー米通商代表部代表(手前左)=8月9日、ワシントン(代表撮影・共同)
Messenger

 関税発動をちらつかせ、貿易相手に厳しい姿勢を示すトランプ米政権との協議に、どのような交渉戦術で臨むのか。各国・地域が、そんな米政権の“攻略法”に頭を悩ませている。とりわけ、米政権の対外交渉窓口となり、トランプ大統領の判断を左右する側近を見極める重要性が問われており、トランプ氏との合意に成功した欧州連合(EU)がキーマンとみた、ある政権幹部に注目が集まっている。

本丸はクドロー氏

 7月下旬、米ワシントンで開かれたEUのユンケル欧州委員長と、トランプ氏の首脳会談をめぐり、会談成功を事前に“予言”した人物がいる。今年春に政権入りした国家経済会議(NEC)のクドロー委員長だ。

 クドロー氏は会談前週、インタビューで「(ユンケル氏が)大胆な提案をする」と発言。会談直前にはテレビ番組で「皆さん、成果を聞いてびっくりすると思うよ」と語った。

 エコノミスト出身のクドロー氏は、テレビのコメンテーターとして有名だ。2016年大統領選でトランプ陣営に参加し、トランプ氏とも気脈が通じているとされる。

 そのクドロー氏の想定通り、米国の鉄鋼輸入制限をめぐって対立するEUと米国との協議は、不調に終わるとの下馬評を覆し、工業製品の関税撤廃に向けた協議開始で合意。米国が検討している自動車・部品の輸入制限を念頭に、協議中は関税発動を控えることでも一致した。

 首脳会談後、協議の舞台裏を報じた欧米メディアによると、EUは米政権との事前折衝で、「大統領の『耳』の役割回り」(EU幹部)を担っているとみたクドロー氏に接近。会談前夜にユンケル氏側近が、ワシントンのホテルで面会したクドロー氏に合意の腹案となる資料をみせ、根回しをしていたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ