PR

ニュース 経済

三菱重工、英国で洋上風力90基受注 世界最大出力の発電設備

曳航(えいこう)される風力発電装置
Messenger

 三菱重工業は4日、英国で計画されている洋上風力発電プロジェクト向けに、世界最大出力の発電設備を受注したと発表した。50%を出資するMHIヴェスタス(デンマーク)が、直径164メートルの羽根と出力9500キロワットのタービンを備えた設備を90基受注した。MHIヴェスタスは洋上風力発電設備で世界シェア2位。世界的な傾向となっている設備の大型化にいち早く対応し、首位に迫りたい考えだ。

 MHIヴェスタスが受注したのは、独企業傘下で電源開発(Jパワー)と関西電力も出資する英トライトン・ノール洋上風力発電事業会社が、英国東岸のリンカンシャーから約32キロの沖合で建設予定の風力発電設備。MHIヴェスタスは、5年間のサービス保守契約も結んだ。受注額は明らかにしていないが、同社で過去最大規模の案件になるという。

 2021年に運転開始予定で、80万世帯以上の電力をまかなえる計算。仮組みした部材を近くの港から船で建設地に運ぶ必要があるため、40~50人規模の地域雇用創出も見込まれているという。

 MHIヴェスタスは、三菱重工とデンマークの風力発電設備メーカー、ヴェスタスが14年に折半出資で設立した。これまで受注した設備はタービン1基の出力が最大で8千キロワットだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ