PR

ニュース 経済

【平成30年史 変わる働き方(1)】24時間「戦えない」 バブル崩壊で非正規の時代に

省力化のため導入されたコンベヤーオーブンから焼きたてのハンバーグを取り出すロイヤルホストの調理スタッフ=東京都世田谷区(桑原雄尚撮影)
Messenger

 「本日のご来店、誠にありがとうございました」

 東京都世田谷区の国道246号沿いにあるファミリーレストラン「ロイヤルホスト桜新町店」では、午後11時57分に閉店のアナウンスが流れ始めた。午前0時過ぎには客はいなくなった。

 昭和57年オープンの同店は、平成に入りずっと24時間営業を続けてきたが、21年に営業時間を午前7時~翌午前2時に短縮。29年からは閉店時間を2時間早め、平日の開店も午前9時からとさらに縮めた。携帯電話の普及やコンビニエンスストアの増加などで深夜客が減ったことに加え、深夜・早朝帯のアルバイト確保が年々難しくなってきたからだ。

 ロイヤルホストは平成の前半に6~7割の店舗で24時間営業を実施していたが、徐々に減らし29年に全店で廃止した。売り上げ減のリスクはあったが、昼食や夕食の時間帯に社員やアルバイトを増やして待ち時間を短縮。新たな厨房(ちゅうぼう)機器も導入して人手不足を補った結果、来客数は減ったものの客単価が上がり、売り上げはアップした。同社の戦略企画部長、小池真一郎は「アルバイトの応募が増えている」と明かす。24時間がむしゃらに働き、売り上げを拡大するスタイルは変わりつつある。

■ ■ ■

 元年、テレビで流行したのが栄養ドリンク「リゲイン」のCMソングだ。

 「♪黄色と黒は勇気の印 24時間戦えますか ビジネスマン ビジネスマン ジャパニーズ・ビジネスマン」

 世はバブル景気の真っ盛り。戦後の高度経済成長を支えた終身雇用制、年功序列賃金といった「日本的雇用慣行」が続き、寸暇を惜しんで働くほど年収がアップするという働き方がもてはやされた。雇用の中心は男性壮年の正規社員だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ