PR

ニュース 経済

「星空ジェット」お披露目 スカイマークが就航20周年

特別塗装機「星空ジェット」の前であいさつするスカイマークの佐山展生会長=3日午後、羽田空港
Messenger

 スカイマークは3日、新規参入による就航開始から20周年を記念し、「星空ジェット」と名付けたボーイング737の特別塗装機を公開した。特別機は1機で4日から1年間、随時運航する。

 社内募集の中から男性副操縦士のデザイン案を採用。機体左側は、同社が飛躍するよう願いを込め、虹色に輝く天の川を飛ぶ白鳥の姿を描いた。右側は、人間では新成人に相当する20年の節目を朝焼けで表現している。

 スカイマークは平成10年、羽田-福岡線で初就航。経営難に陥り27年に民事再生法の適用を申請した。現在は国内11空港に就航して21路線で運航する。今後は株式の上場と国際線就航を目指す。

 佐山展生会長は「民事再生後、社員一丸となって毎日の定時運航率を確認し、日本一を達成できた。顧客満足度も、日々のチェックと改善で日本一を目指す」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ